佐々木 大志郎

NPOで新規事業立ち上げ・事務局・広報・ファンドレイジング│現職:一社)つくろい東京ファンド新規事業部長&一社)反貧困ネットワーク業務執行理事│担当:つながる電話・フミダン・アンブレラ基金・大人食堂・ことといこども食堂・緊急相談支援│ご連絡:dai46u☆gmail.com
    • #枡野と短歌以外の話 第1回 11/14(土)内田かずひろ氏

      • 334本
      • ¥1,650

      #枡野と短歌以外の話 ▼第1回ゲスト #内田かずひろ 氏(代表作『ロダンのココロ』。枡野浩一との共著に『ガムテープで風邪が治る』『結婚失格』『みんなふつうで、みんなへん。』) @rodacoco ▼11/14(土)15:00〜17:00 ▼無観客の枡野書店から生中継 @masunobooks ▼(iPhoneアプリ経由では課金できないシステムなので)ブラウザ経由で、このnote有料マガジンをご購入ください。 ▼当日、有料マガジン内にYouTube限定アドレスを掲載。 ▼アーカイブを残すかどうか、残す場合の期間をどうするかは生中継後に検討します。 【アーカイブ無事、残りました。 新たなトーク動画など、色々なコンテンツを追加しています。】 ●関連マガジン「#一人一人一人日記」https://note.com/masuno/m/m26fd5ea54276

    • 東京アンブレラ基金活動報告

      • 7本
    • 東京アンブレラ基金協働団体紹介

      • 9本

      東京アンブレラ基金に協働していただける各団体へのインタビュー&レポート

固定された記事

「こども食堂に足りないものがある」という社会活動家の言葉が響かないのは何故か?あるいはNPOファンディングの高額化と高度化…

こども食堂を巡るオピニオンの言及の射程こども食堂が全国で2,200か所を超え、少なくとも2,286か所に達し、全国に急速に増加。すでに地域でめずらしくない、ある種のインフ…

やっていること・やっていたこと(プロフィール)

複数の生活困窮者支援・外国人支援・子ども支援・若者支援を領域とするNPOで新規事業立ち上げやファンドレイジング、事務局・広報、相談者への直接の現場支援まで。 ここ数…

「スマホのバッテリー残量」というライフラインをどう担保するか。外国人相談会への無料Wi-Fi設置と充電ブースの実装。

コロナ禍で困窮される方々が増加しホームレス状態に陥った方々でもスマホを持っている姿が珍しくないこと。逆にそういった状況にあるからこそ円滑な通信手段の確保や正確な…

野外の配食(炊き出し)・相談現場に無料Wi-Fiを飛ばす試み。相談資源への「ラストワンマイル」を確保するために

あまり試行/進行中の(海の物とも山の物ともわからない)プロジェクトについては書かないようにしていたのだけど、そういう縛りも時には良い結果を生まないのではないかと…

コロナ禍(以前/以後)から社会的IDとしての「電話番号」を失う人の増加について。「つながる電話」を始めた話

誰もが無料で使える「つながる電話」の開始 今年(2020年)7月より、コロナ禍においてさまざま背景から「音声通話可能な携帯電話(電話番号)」を失った方へ、本人負担ゼロ…