見出し画像

Vercelでの公開が簡単すぎて20年前のホームページ公開を思い出した話

先日、個人的にGatsby.jsで作った静的サイトをVercelに公開してみたのですが、簡単すぎてびっくりしました。GitHubリポジトリに連携して、ドメイン設定をするだけで、公開と独自ドメインSSL対応が終わりました。すごい。

本当に簡単ですごいと感動していたら、20年近く前にいわゆるホームページを公開していたときのことをふと思い出しました。当時も無料で公開はできましたが、無料の代償としてウェブページ内にバナー広告が表示されるというのが一般的でした。

自分はウェブページ内に表示されるのが嫌で、ポップアップウィンドウでバナー広告が表示されるタイプのホスティングサービスを好んで使っていました。今だと色んな意味で考えられないですね。

そういえば中学生だった20年前は、インターネットやメールをやってるだけでオタク扱いをされていました。懐かしい。

昔のこのあたりことを思い起こすとめちゃくちゃ懐かしい単語がいくつか浮かんできました。ウェブリング、BBS、ICQ、macromedia、BM98、ポトリス2、、

このあたりの単語が懐かしい方とは話が合うかもしれないですね。

おわり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートもらえたら、もっとがんばります!

ごちそうさまです 🤤
4
PARTYでアプリエンジニアをやっています。ゲームと料理と映画(と、たまにドラマとアニメ)が好きです。日頃見たこと感じたこと考えたことを書いていきます。子育てしながらの自由時間の確保に必死です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。