実は作画の花咲アキラこそ長寿連載の立役者だった!?――『美味しんぼ』に見る食マンガ金字塔の功罪【3】

――単行本111巻、累計部数は1億3000万部という数字を持つ『美味しんぼ』は、日本で史上10番目に売れたとされる作品だ。賞味期限切れと言われて久しいが、マンガとしての真価は、今どう評価されているのだろうか?

前記事で見たように、『美味しんぼ』が日本の食文化に与えた影響は良くも悪くも小さくない。それでは、食マンガの草分けとして考えたときに、マンガの世界に与えた影響はいかほどのものだったのだろうか?

ここから先は

1,504字 / 1画像
この記事のみ ¥ 100
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?