最強のグラビア【2018年10月号第1特集】

16
記事

パンチラ、おっぱいの揉み合い、ブラジリアンワックス!――過激な内容でもオイシイ現場!? AbemaTVとグラドルの関係

――グラビアアイドルたちが盛りだくさんのお色気番組が、AbemaTVなどネット配信を中心に復活している。その内容はテレビが元気だった頃を彷彿とさせるような、今の地上波では到底見ることのできない過激な番組ばかりだが、出演者のグラドルにとってみればかなりオイシイらしい?

新しい地図が浮くぐらい、過激なオリジナルバラエティが並ぶAbemaTV。

 かつて、テレビが元気だった頃。深夜になると、今放送す

もっとみる

遺影は生前の最高グラビアである……カラーで笑顔が当たり前! グラビア的“遺影”考察

――最強のグラビア特集の企画で「遺影」!? 不謹慎だと思うなかれ、遺影は故人の最善の姿を写し出した最高のグラビアでもある。果たして、遺影はどのような成長を遂げてきたのだろうか? 歴史的背景から発展、遺影と密接な関係にある葬儀やエンディング産業との関係も、じっくり分析。

(絵/沖 真秀)

 人々が写真を身近なものとして利用し始めてから、100年余り。人生のさまざまな節目を記録する役割はもちろ

もっとみる

バーレスク東京・プロデューサーが語る……今、六本木で話題沸騰! バーレスク東京の内実

――前記事「多様性が重視される時代の美しさを追求――起源は古代ギリシア!? “バーレスク文化”とは何か」のグラビアからもわかるように、豪奢できらびやかな空間の「バーレスク東京」。その内情や見据えるビジョンについて、バーレスク東京プロデューサーのryota氏に話を聞いた。

(写真/若原瑞昌)

 六本木駅から徒歩1分のエンターテインメント空間「バーレスク東京」。2017年に“スーパーバーレスク”と

もっとみる

多様性が重視される時代の美しさを追求――起源は古代ギリシア!? “バーレスク文化”とは何か

――最近、にわかに「バーレスク」という言葉を聞くことが増えてきた。東京・六本木の「バーレスク東京」などが人気を集め、ダンサーからはグラビアモデルなども輩出している。そんな盛り上がりを見せる“バーレスク文化”をひもといていく。

(写真/若原瑞昌)

 欧米発のエンターテインメントであるバーレスクが今、日本でも大きな注目を集めている。クリスティーナ・アギレラ主演の映画『バーレスク』(2010年)のヒ

もっとみる

【Iカップ・青山ひかる】攻撃的ヒップホップ“トラップ”と邂逅!

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――今、世界的に流行している“トラップ”というヒップホップのスタイル。音楽はハードかつダークで、カラフルな髪をはじめラッパーの見た目もぶっ飛んでいる。そんなトラップの世界に、アニメ好きのIカップ猫娘こと青山ひかるちゃんがどっぷり浸かる!

(写真/佐野方美・kiki Inc.)

 現在、世界の音楽シーンを席巻するヒップホップ。その中で201

もっとみる

“グラビア”といっても、全体的に露出は控えめ!?――声優グラビア写真集のポテンシャル

――今夏発売のものだけでも2桁を数える声優写真集。今年刊行された4冊をピックアップし、30代のグラビアカメラマンが匿名レビュー! プロの目から見た“声優グラビア”の真価とは?

3万部弱の衝撃
佐倉綾音
『さくらのおと~佐倉綾音フォトブック~』

出版社/講談社 発売日/2018年1月29日 価格/2700円(税込)
カメラマン/長野博文、桑島智輝 所属事務所/アイムエンタープライズ

前記事「“

もっとみる

“初脱ぎ”信仰やメディアミックスが追い風に!?――内田真礼や佐倉綾音、小倉唯……肌を晒す女性声優激増の背景

――今や一般誌やマンガ誌のグラビアページで女性声優の姿を見ることは珍しくなくなり、書店には彼女たちの写真集も多く並ぶ。こうした女性声優によるグラビア露出が増加した背景には、雑誌側の“初脱ぎ”信仰やメディアミックスといった事情があるという。関係者の言葉とともに、その理由を紐解いていく。

佐倉綾音ファースト写真集『さくらのおと~佐倉綾音フォトブック~』(講談社)

 近年、女性声優のグラビア進出が目

もっとみる

【Hカップ・安位薫】最大手メーカーがイチオシ!イメージビデオの新星、登場!

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――グラビア撮り下ろし企画の最後を飾るのはイメージビデオメーカー「ラインコミュニケーションズ」イチオシの新人・安位薫ちゃん。18歳Hカップが語るグラビア界の展望とは?

(写真/長弘進・D-CORD)

 8月に発売したファーストイメージDVD&Blu-ray『安位薫/Prima Stella ~安位薫 1st Image』の撮影場所は、イタ

もっとみる

重要な役割を担っても表舞台には出ず!?――男を女にすることも簡単!? レタッチャーが語る修正最前線

――今や芸能人やモデルがインスタに写真をアップしようものなら、「フォトショ乙」や「レタッチ乙」などネット民から揶揄される時代。それほどまでに一般化した“画像修正”という技術。では、レタッチのプロ=レタッチャーたちは、どのような技術とスタンスで作業を行っているのだろうか。無修正の奥深きレタッチの世界を覗く。

こうしたビフォーアフター画像や動画を見たことのある読者も多いだろうが、このレタッチを「誰が

もっとみる

【山地まり】男女の妄想は相容れる? 女も悶えるグラビアに再挑戦

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

(写真/角田修一)

――本誌17年8月号掲載「男性向けグラビアvs女性向けグラビアの“差異”」企画に登場してくれた山地まりちゃんに、約1年ぶりに同コンセプトで装い新たに挑んでもらった。この1年で女性向けのグラビアがエロくなったって……本当!?

 本誌グラビアページにおいて、もはや最多出演回数を誇るのではないか級におなじみとなった山地まりち

もっとみる