Murder Dual「審判にかけられたゾウ」
見出し画像

Murder Dual「審判にかけられたゾウ」

tanaka「アメリカンブックショップ」Kickstarter

画像3

WEB通販:https://muderdual.booth.pm/items/3310093

【ゲームシステム】

マーダーデュアル「審判にかけられたゾウ」は2人用コミュニケーション推理ゲームです。
マーダーミステリーや脱出ゲーム、TRPG、ボードゲームなど様々なアナログゲームに影響を受け、推理やロールプレイを楽しむゲームとして作りました。
一度きりしか遊べないシナリオです。

プレイヤーは童話世界の登場人物となり、協力して事件の解決に挑みます。
第一の事件では「言葉を使わず」にコミュニケーションをして情報を集めていくことになります。
第二の事件では「相手のロールプレイを当てる」ことで捜査が進みます。積極的にロールプレイをすることで真実に近づくかもしれません。

画像4

【ストーリー】

優しくも、残酷な童話の世界へようこそ。

むかしむかしのまたむかし、小さな鳥たちが暮らす王国がありました。王様の名前はケツァール、王様の美しい翼はすべての国民を魅了するほどでした。

ある日、ケツァールは世界中を飛び回るツバメから奇妙な噂を聞きました。北の森に見たこともないような、大きな生き物が現れるという噂です。ケツァールは曾祖母から聞いたお話を思い出します。
「私たちの国の近くに、もう一つの国がある。ずっと昔は交流があったんだよ。」

むかしむかしのまたむかし、大きな動物たちが暮らす国がありました。王様はいません。しかし、賢いゾウが国民に知恵をかしていました。彼は大きな木の麓に暮らしていて、一日に沢山の相談者が訪れていたそうです。
ある日、ゾウのもとに小さな小さな旅人が現れました。彼女は空を自由自在飛びまわり、甲高い声で話しかけてきました。物知りなゾウですらも知らない言葉です。ゾウは曾祖父から聞いたお話を思い出します。
「私たちの国の近くに、もう一つの国がある。ずっと昔は交流があったんだよ。」

こうして両方の国は再び出会いました。
コウモリのように、鳥にも大きな動物にも似た者もいましたが、多くは見たこともない姿をしています。
お互いの国の言葉は通じません。賢い者たちが言葉の研究を進めていますが、不自由なく会話をするにはもう少し時間がかかりそうです。

出会ったばかりの彼らの間には、時に小さな争いが生まれます。
しかし、争いばかりではありません。愛だって生まれているのです。鳥たちも動物たちも、争うことと同じように、愛することを止めることは出来なかったのです。

世界がどんなに残酷でも、愛だけは揺るがないのでした。

これから始まる物語は、彼らが出会って数年後のお話。
結末を決めるのはあなたたちです。

それでは、はじめましょうか。

おっと、その前に一つだけ質問をしてもいいですか。
もしも、愛する人が罪を犯してしまったら、あなたならどうしますか?

(つづく)

【内容物】

ルールブック「ツバメ」 (冊子)
ルールブック「オオカミ」(冊子)
第一の事件の解答 (冊子) 
第二の事件の解答 (冊子)
捜査に使用するアイテム (A4の紙1枚、ハガキ5通)

画像2

【詳細】

Murder Dual「審判にかけられたゾウ」
プレイ人数:1時間程度 プレイ人数:2人(1つのパッケージで遊ぶことができます) 対象年齢:13歳以上

※ゲームマスター(GM)や司会者を用意する必要ありません。
ルールブックを読みながら、プレイヤー2人でルールを確認しながら遊ぶ形式となっています。

ゲームデザイン:新澤大樹&田中佳祐
アートワーク:山中麻未
ブランド名:Murder Dual
通常販売価格:3500円
発売日:2021年11月20日

WEB通販:https://muderdual.booth.pm/items/3310093

【お問い合わせ】
tanaka.22442244@gmail.com

【マーダーミステリー専門店やボードゲームカフェの皆様へ】
本ゲームは店舗公演を想定して作成したものではありませんが、公演等での利用は可能です。ただし、店舗でプレイする場合には、有料・無料を問わず1プレイにつき1パッケージのご購入をお願いいたします。(個人利用以外での、本ゲームの再利用は禁止いたします)
「年間に多数の公演を実施したい」など、特別なご希望がございましたら上記のメールアドレスへご連絡ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you.
tanaka「アメリカンブックショップ」Kickstarter
ライター。ボードゲームプロデューサー。著書に『街灯りとしての本屋』(雷鳥社)、『読書会の教室』(晶文社)がある。編集に『しししし』(双子のライオン堂)。出版社「クオン」のWEBページにて、「韓国文学の読書トーク」を連載。「駒草出版」のWEBページにて、「料理の読書会」を連載。