子どもの育ちに立ち合う

今日は今年のベジモ有機野菜スクール第2回目が開催され
わたしは久々に託児担当で参加しました

初めましての子どもと接する時は
welcome感を出すより
先ず相手の素敵なトコ探しをします
そして自他共に認める素敵なトコを褒めながら
その場の(会場)の約束をシンプルに伝えていきます

静かに遊ばせることが目的では無くて
自分たちは与えられた環境で
どうやって楽しめれるかってことを一緒に考えます

なんでもいいことが自由では無くて
ルールの中で見つけ出す発想や工夫が
子どもたちにとっての
自由と生きる力へと繋がっていきます

どんな小さな出会いでも
ほんの少しの時間でも
自分にとって愛おしいと感じる出来事は
きっと相手にとっても優しい時間になりますよ

保育や子育ては贈り物です
贈り物をどう届けたいのか
わたしたち大人次第です

#子育て
#保育
#託児
#育児
#保育士
#幼稚園教諭
#こどもやさい自然農園

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
保育畑で長いこと。勤めたり辞めたり自分で子育て支援の事業を始めてみたり。大好きな畑で元気な野菜を育てながら、八百屋さんをやってみたいなぁとか、自然の畑で、食べること・育ち合うことを目的とした、親子が主体の〝やおや家族園″(仮称)などを現在妄想中。コトの輪を大切に育むフリー保育士

こちらでもピックアップされています

子どもの育つ力
子どもの育つ力
  • 7本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。