CB戦後家族研究会

2

自民党宮崎議員が育休を提案して、自民党内部でバッシングを受けている理由を考えてみた。

 アメリカでは昨年暮れに、facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、2ヶ月間の育児休暇をとると宣言して話題になった。先進国の先進的な企業は、事業の効率を高めることと、従業員のライフ・ワーク・バランス(労働と生活の調和)が大きなテーマになっている。ただがむしゃらに突進するだけでは、企業の持続的な発展はないということを感じているからだろう。

 一方、日本では、自民党の宮崎謙介議員が、育休宣言

もっとみる
幸い多し。
10

どうなる? 議員の育休? 自民党・宮崎謙介議員の行動についてNPO法人ファザーリング・ジャパンが議論を呼びかけで行われた緊急フォーラムをリポートする

 2016年1月18日、朝から雪の降る東京で、NPO法人ファザーリング・ジャパンの呼びかけによる、緊急フォーラム「どうなる? 議員の育休? 永田町が変われば、日本の子育て・WLBが変わる」が行われた。2006年より「Fathering=父親であることを楽しもう」という活動を行ってきた同NPOとしては、育休宣言をしてネット上でも話題になっている自民党の宮崎謙介衆院議員(34歳・京都三区)の問題を捨て

もっとみる