見出し画像

8歳児に北風を吹かせてしまった38歳母の話

石島小夏

「もういい!行かないー。」
課外活動で、朝、いつもよりは早めの時間に動くため、どうにか目覚めたハズの娘が、あと15分で家を出ないと間に合わない、、、と言う状態で匙を投げ始めた。

またか、、、。間に合わないと気づくと全てを投げ出し、「もう行かない」と言い出す娘様。その気持ちはよくわかる。私だって、あ、間に合わない。。。って思うと、もうやだ!行かないー!って気持ちになる。それでも、最近は、間に合わない!!とイライラしている気持ちをポイッと捨てて、過剰な準備(無駄なこと結構やろうとしてるんだよね笑)を諦めれば、間に合うと言うことがわかってきたので、気持ちを切り替えて、歩を進めることにしている。

そう、これは38年生きた私が、ようやく最近できるようになってきたこと。8歳児の娘に同じ行動を求めるのは酷である。だから、お膳立てするのである。

だって、昨日、張り切っていたんだもの。本当は行きたいのである。我が家では、「行きたくない日に休む」と言うことはOKにしている。その代わり、「間に合わないから行かない」は無しなのだ。ここの線引きだけはちゃんとしておきたい。

最初は優しく声を掛けて、夫と共に準備を手伝っていた。…のだけど、、、ここで、私が自分の時間を優先しようとしてしまったことが今日の敗因であった。2歳の息子を期間限定自宅保育している現在、朝、夫が勤務開始するまでと、息子が昼寝している間の数時間が、数少ない私の自由時間なのである。今日は娘を駅まで送る約束をしていたので、その前にメール返信を終えようとしてしまったのがいけなかった。ここで、ちゃんと自分の手を止めて、娘に全力で向き合っていたら、きっと娘はどうにか間に合う電車で家を出たのであろう。

ところが、娘はなかなか準備を始めない。自分の仕事を終えた私が、娘に全力で気持ちを向けたことには、時すでに遅し。。。電車には間に合わなそうなので、「もう、行くのやめる。」と布団の中に隠れてしまったのだ。

その様子にカチンときてしまった私。なんかさ、わかっちゃったんだよね。「これは夫に会場(車で行けば30分ちょっと)まで車で送って行ってもらおうとしているな」と。それを、娘が夫にちゃんとお願いすればいいんだけど、もじもじダラダラ間に合わなーい!!とか、甘えてるの、見ているとなんかイラつく!!のである。うん、わかる。娘の気持ちもわかるんだよ!!昔の私もそうだった。だから、きっとイライラしちゃうんだ。同族嫌悪ってやつだ、これ。昔、私も母親に怒られたことあるもんなー。

ちょっと親に遠慮しちゃって言いにくくて、口に出せずに、もじもじアピールするなんて、可愛い奴じゃないか。これは、あれだ、夫が車で送って行ってあげたら、いいんだよな。と、その時、そう思えたら良かったんだけど、今日の私はそうじゃなかった。

なんかそれ甘やかし過ぎじゃない??やっぱり自分で、「送って」って言わない限りは電車で行くべきだよね!!って“強烈に”、思ってしまったのだ。冷静に思ったなら、それでいい。だって、それが我が家の方針なのだから。でも、この“強烈に”思ってしまってるのは、我が家の方針、とかじゃなくて、単に自分が意地になっているだけなのだ。後から、振り返ったらわかるんだけど、でも、その瞬間はすぐに我に返ることができなかった。

「いやいやいや!!まだ、間に合うから。」

駅まで車で送ればギリギリ行けるだろう。と、赤子のように娘の服を着せ替えて、準備を終えて、夫と共に車に娘を詰め込み、とりあえず外へ。ここで、「行かない」を認めるわけにはいかない!!と、なんか知らんが私はかなり意地になってしまったのだ…苦笑

「やっぱり行かないって」

駅まで送った夫からメッセージがきても、

「間に合わないから行かないはナシ、送ってと言えないのに送るのもナシ」

と、取りつく島のない私。一回、イライラし始めちゃうと、そういう自分を認めて冷静になるの、なんか難しいのは私だけだろうか。。。後に引けなくなっちゃうの。でもさ、冷静さを取り戻すのは自分自身なのである。

「ママ〜、いっしょに カキ きろうよー」と、2歳の息子に柿を渡されて、「ちょっと待ってて!!」と、声を荒げてしまった瞬間、ふと我に返った。息子は何も悪くない。イライラのばっちりを息子に向けたら可哀想である。うん、これは冷静になった方がいいやつだ。

「ごめんね。ママ、今、娘ちゃんのこと考えてたの。ちゃんと行けるかなぁ、って。でも、なんでママこんなにイライラしちゃってたんだろうねぇ。ちょっと、息子くん、ママの応援してくれる??娘ちゃんが行けたら、安心して息子くんに夢中になるね。」

息子の優しい気持ちでも何でも使えるものは使うのである。息子とおしゃべりしながら自分の気持ちを整理しちゃえ!!大作戦である。言葉にすると、冷静になれるしね。そんな気持ちを知ってか?知らずか?「がんばれ、わたし!!がんばれマーマ!!」と、応援してくれる息子くん。そんな姿を愛でながら、私は気持ちを落ち着かせていった。

なんでこんなにイライラしちゃったのか?これは親の意志ではなく、単なる私個人の意地だよね。たぶん、そんなに、イライラする必要のないものなのである。何がそんなに嫌だったのか?きっと理由なんてくだらないものなんだぜ…。あー、、、私は自分の段取りが崩されたのが嫌だったんだなぁ。朝のうちに、夫の勤務時間が始まる前に、あれこれ終わらそう!!と、娘を駅に送ることまで含めて、全部、算段していたのに、それが崩れた瞬間、今日一日の予定を全て娘に崩されたような、そんな気持ちになってしまったのだ。

ついでに、私がパソコン見て、片手間に娘を見てたのが行けないよね。それがわかってるから、自分が悪いことを認めたくなくて、娘や夫にイライラ八つ当たりしていたのか。。。。なんだ、私が自分勝手だっただけか。。。

そう思ったら笑えてきた。で、SMSで娘に素直に謝ることにした。


そしたら、娘も柔らかい返事を送ってきたのである。北風と太陽だなー笑 可能な限り、太陽モードで娘に接したいけど、わかっていても、北風モードについついなってしまう未熟な私。。。次回は、もうちょっと早く太陽に切り替えられるといいな!!8歳の娘から呆れた返事を貰い38歳の私はそんなことを思ったのだった。

そんなこんなで、無事に行く気になった娘は、夫に送ってもらって、会場に辿り着いたのである。昨日から楽しみにしていたイベント、楽しんでいるといいな◎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
石島小夏

娘と共に岩手県釜石市へ遠征する費用にしたいと思います。東北へ年に1回くらい行けたらいいな◎