Processingが楽しそう

Processingが楽しそう

こんにちは。甲斐です。
唐突ですが、Processingが楽しそうです。
奥さん、Processingが楽しそうですよ。

...Processing?

説明させていただきます。Processing(プロセシング)とは、

ProcessingはJavaというプログラミング言語のグラフィックス処理機能を扱いやすくした、コンピュータアートのためのプログラミング言語です。操作が容易な専用の開発環境でプログラムが書けて、アイデアがすぐに視覚的なフィードバックとして得られるためプログラミング入門者にも適しています。

つまりProcessingを使えば、プログラミング初心者(または未経験者)でも、比較的簡単にめちゃくちゃかっこいいコンピュータアートが作れるよ!ってことです!!!アツいですね!!

言葉で説明してもピンとこないと思うので、いくつか実際の作品を見てみましょう!

球がねじれてかっこいいやつ

魚が泳いでてお洒落なやつ

青と緑のいい感じのやつ

いかがでしょうか。これが自分で作れるようになるって考えたらすっごいわくわくしませんか?自分は一晩眠れずずっとProcessingの動画を見あさってしまいました。

ということでさっそく学習を始めてみましょう!!

探してみたら、なめらかサンショウウオさんが素敵なサイトを公開していたのでそのサイトをベースに学習していきたいと思います。

P5 code school

まずはChapter0「開発環境の設定」をもとにProcessingをダウンロード。

いい感じのエディターですね。
動作確認のためになめらかサンショウウオさんの作ったソースコードをコピペしてみます。左上の▷ボタンを押してプログラムを実行するようです。

おおおお!!!

めっちゃすごい!!!!たった数行(7行)のプログラムでこんなに複雑なことができるんですね....

Processingへの期待を胸に、今回はここで終わりたいと思います。

ではまた次回!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。