見出し画像

サルベージレシピリレー#2_夏野菜x缶詰

夏野菜といえば、とうもろこしが大好きです。
夏の間はかなりの頻度で食べています。
子供のころは、
粒をなが~くつなげたまま食べたくて、
軸からどうやったらきれいに外れるか?
を研究していました。
大人になってからは、包丁を使って、
軸から外すやりかたになりましたが、
相変わらずつながったままの粒を
チマチマと食べるのが好きです。

画像6


サルベージレシピリレー

第1弾のテーマ「乾麺」に続き、
第2弾のテーマは「夏野菜x缶詰」です。
今回は、トップバッターの
Junko WADAさんからバトンを受け取りました!
~過去のレシピはこちらから~
<テーマ*乾麺>
蕎麦素麺インスタントラーメン
<テーマ*夏野菜X缶詰>
トマトX焼鳥缶


魚の味付缶詰

こう暑い日が続くと、冷たい麺を少し食べて終わり。
なんていう日も増えてきます。
こんなときこそ、栄養バランスよく食べて
夏バテしないようにしなきゃと思うのですが、
調理がつい面倒になったりします。
そんなとき重宝しているのが「魚の味付缶詰」。

画像4


画像3


下処理いらず、味つけ済み、骨ごと食べれる、
缶汁も使える、栄養価が高い、安価、、等々
いろいろな利点が見直されていますよね。
さばの味噌煮、さんまの蒲焼、いわしの醤油煮
バリエーションもいろいろあり、
そのまま食べてもおいしいです。


缶詰課&缶切り部

以前食品メーカーに勤めていた私は、その名も
「缶詰課」に所属していた時期がありました。
当時は、今のようにさば缶が流行るなんて、
想像できず、水産缶詰は古臭く、
とても地味~な存在でした。
それが今や、スーパーの棚に、鯖缶だけで何種類も
並んでいたり、メディアでレシピ特集が組まれたりと、
とても華やかな場所でスポットライトを浴びていて、
感無量です(笑)。

その時からのご縁で、ニッスイCSR部活動
「缶切り部」をお手伝いしていますが、
缶詰の価値をあらためて見直すとてもよい機会を
いただいています。

画像5


たんぱく質(魚)を+してバランスよく!


今日は、
「お好きな魚の味付缶詰」
「夏野菜」
夏の定番「素麺」
を使ったアレンジレシピをご紹介します。


「とうもろこしの焼きそうめん」

醤油をからめた焼きとうもろこしが香ばしいそうめんです。
缶汁をそうめんに染み込ませ、唐辛子などのピリ辛味を
プラスすると、一層おいしくなります。

画像6


<材料>2人分
ゆでた素麺・2束分/水産味付缶詰・1缶/ゆでたとうもろこし・1/2本分/醤油・小さじ1/油・大さじ1/青い夏野菜(ししとう、ピーマンなど)・適宜/麺つゆ(希釈せずに)・大さじ1/糸唐辛子(お好みで)

<つくりかた>
フライパンで焦げ目がつくまで、とうもろこしを炒め、醤油をまわしかけ、香ばしい香りがしてきたらいったん取り出す→そのまま油を入れて、野菜を炒める→缶詰を缶汁ごと加える→素麺を入れてほぐす→麺つゆをまわしかけ、焼きとうもろこしを戻して混ぜあわせる


【素麺入り夏野菜のスパニッシュオムレツ】

フードスコーレのオンライン調理実習で、
つくって以来、リピートしているお気に入り。
夏野菜の断面を見せたカラフルなオープンオムレツです。

スパニッシュオムレツ


スパニッシュオムレツはじゃがいもを入れますが、
素麺だとさっぱりライトな仕上がりになり、
おつまみにも◎です。


<材料>2人分
ゆでた素麺・1束分/水産味付缶詰・1缶/卵・2個/にんにく・1片/夏野菜・適宜/オリーブオイル・大さじ1/麺つゆ(希釈せずに)・小さじ1

<つくりかた>
オクラやゴーヤなどは、素麺をゆでた湯を使い、さっと湯がいておく→溶き卵の中に、野菜以外の材料をすべて入れ混ぜ合わせ、オリーブオイルを入れたフライパンに流しいれ中火で加熱する→卵がかたまりはじめたら、野菜をのせる→ふたをして火が通るまで弱火でじっくり蒸し焼きにする

【おまけ:とうもろこしの髭】

画像6

とうもろこしの髭の本数=粒の数=約600粒
だということを知ったのは、けっこう最近です。
髭の正体はめしべで、受粉すると粒の中で受精して、
粒が大きくなっていくんだそう。

「野菜たちの独特の形や色には意味がある。」
このことはまた別の機会に書いてみたいなと思っています。


次のバトンをサルベージシェフの高田大雅さんに
渡します。
シェフの頭の中からどんなレシピが飛び出すのか?
楽しみにしています♪






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます🍅
3
野菜ソムリエ。フードコーディネーター。 サルベージパーティー®︎のスピンオフイベント‘瓶詰部’の部長。 夫と猫2匹の4人家族で、スキ♡は旅と畑仕事。 たのしくおいしく季節をたのしむ食の記録をふわっとのんびり書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。