見出し画像

耳つぼダイエットのお話3

自律神経は、通常、交感神経が働いるときには副交感神経は休み、副交感神経が働いているときは交感神経は休んでいます。

しかし、ストレス窩、交感神経優位の中で、バランスを取ろうと副交感神経が同時に働いてしまうという病的状態になることがあります。これを鎮めようというのが耳つぼダイエットです。

以前に、当院でも耳つぼ刺激による治療(ダイエット)を行っていたことがあります。明らかに耳つぼで痩せた、と実感する人は全体の2割程度、といったところでしょうか?

後の6~7割は2~3㎏は落ちるが、それ以上は落ちない。残りの2割の方はほとんど変わりません。

8か月程で10㎏体重が減った女性(40代)がいました。当院では、この方がもっとも体重の落ちた方で、ご本人によれば、「まさに食欲が抑えられた感じで、あまり食べたくならない」とのことでした。

多くの場合体重は落ちるのですが、耳つぼと同時に「食生活の見直し及び食事の管理」も行いますから、痩せたとしても、それが純粋に耳つぼによってのものか、今一つ判断がつきづらいのが、世の中の耳つぼダイエットというものでしょう。

この10㎏痩せた40代の女性は、もともと太っていて、耳つぼをやるようになって順調に体重は減っていったのですが、10㎏痩せた時点で、それ以上は減らなくなりました。

鍼治療とは、その方が生活していく上で、最適である体の状態にするものですから、すでに十分に痩せている人が、鍼によってさらに痩せることはありません。また、痩せている、太っている、というのはあくまで「他人と比較して」のものです。平均的数値からみるとやや太っていても、それが健康を維持するのにベストに近いベターであるなら、それはその人にとって太っていることにはなりません。そのような人が無理に痩せても、遠くない将来元に戻ります。

「耳つぼ」をすればどんな人でも痩せるなら、痩せている人も痩せることになり、耳つぼを刺激し続ければ、痩せ続けることになりますが、そんなことにはなりません。

また、耳つぼに限らず、急激な体重の減少は、筋肉まで落ちてしまいますから注意が必要です。筋肉が落ちると代謝も落ち、それによってリバウンドしやすくなります。

読んでくれてありがとうございます。                 現在、当院で耳つぼダイエットはおこなっておりません。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ありがとうございます
3
中央林間うえだ鍼灸院院長。慢性疾患をよくするためにはベースにある疲労、冷え症、不眠症を改善することが何よりも大切です。子宝に恵まれるため、美しくなるため、あなたの夢を叶えるために鍼灸を利用してください。日本自律神経調整学会会員、日本不妊カウンセリング学会会員、日本動物愛護協会会員