Cafe SchnurrWarz(カフェシュヌルバルツ)
おひとりカフェ、その後。
見出し画像

おひとりカフェ、その後。

Cafe SchnurrWarz(カフェシュヌルバルツ)

おひとりカフェを始めて
1週間と少し。

お客様が増える週末の様子は、
ふたりの場合は「会話が最低限なら」と説明して
会話を楽しみたい方々をスミマセンと見送った後
満席になって。

届けたい方へ、この空間が届いている感触で。
そこで生まれた空気感が好ましくて
嬉しく思う。

画像1


もちろん悩むこともあり。
"最低限"の線引きが個々人で違って伝え方が難しかったり
「会話できないんですね。OKです」とすんなり了承頂いたり。

なんと。
「会話できない」の方が通りが良い。

とはいえ、今の"最低限"でも厳し過ぎるという意見もあって。
お断りした方を数えて取らぬ狸の皮算用。


安心材料が増えたら、おふたりの会話について
少し緩めて"控えめ"が良いのかな?

でも。
緩めて、緩まり過ぎて、なし崩し的にOKは避けたいところ。本末転倒。


この空間を気に入って頂けた方を大切にしたいし。
単純に緩めれば良いというものでもない。
目の前に2羽のウサギがいてどちらを追いかけようか、みたいな感覚。

どうしようか、どうしたいのか。
最善を模索しながらしばし考えてみます。


まずは、鮮明なうちに
noteにまとめてみました。


追記。

そういえば、おひとりカフェとTime or Orderは、とても相性が良いです。
Time or Orderのご利用が増えました。



カフェのこと、変更などはSNSでお知らせします。
フォローお願いします。

▼Twitter


▼HP


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Cafe SchnurrWarz(カフェシュヌルバルツ)
東京/武蔵野市西久保 三鷹駅北口にあるカフェ。 (三鷹駅北口→徒歩9分。吉祥寺→中道通り20分) 2階にある隠れ部屋カフェです。コーヒーと自家製ケーキ。ゆったり空間。何かを忘れに、何かを想い出しに、カフェ時間。 こちらはカフェシュヌルバルツのことを綴るノートです。