見出し画像

風の夜のあと

すこし遠くで、また大きな災害が起きた。
また。

風が吹いて水が溢れて、その様子を目にするときに、昨日までの生活や平穏や大事なものや景色やそんなものを多くの人が失ったのだなぁ、と思う。無力を突きつけられて、虚無に飲み込まれそうになる。
それでも続いていく日常の中に身を置いていると、うまくバランスが取れていない気分になる。

良いことがあったとき、きれいなものを見たときに、寂しい気持がやってくる。
喜んでいる人にうまく寄り添えずにまごつく。
そうしてあぁその度に、そういうことになっているんだな、と気付く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです😀
3
西中国山地の山里に住んでいます。手際よく、はニガテです。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。