キャプチャ

【販促のミカタ】Vol.7 違和感

こんにちは、新米マーケターのMadokaです。
販促のミカタをはじめて、早4か月・・・。
「手書きが素敵です」「みんなに共有して活用します」などの
あたたかいお言葉もいただいており、意外と(?)ご好評です。
ありがとうございます!
本日は、皆さまからのお言葉の中からお話をさせていただきます。

今回のテーマは「違和感」


お送りしております「販促のミカタ」ですが、実は工夫しているんです。
そうです、“手書き”です。
 
社内から「もっとキレイに作ったらいいのに」とご意見いただいたりもしますが・・・。
一瞬「んん?」と止まってもらえるように、題字は手書き。
調べた資料も手書きに直しています。
おかげで私の机は色ペンで溢れていきます。。

販促でも気づいてもらう、知ってもらうことは大事なことです。
作り手は「考え抜いた最高の作品だ」と送り出しても、思うように届いていなかったりします。
なんで?どうして?と思いますよね。答えは簡単です。
“なぜなら街には広告が溢れているから”なんです。

“何をやれば見てもらえるのか?“というところに行き着きますよね。
その答えが「違和感」なんです。

会社の周りをランチ捜索がてら見渡してみました。

街中の広告風景

たしかに…会社付近の通りを写してみたら広告がこんなに。。。
でも確かに見てない、というか見えない。
(右側はいい写真が撮れたので自慢したかっただけです、すみません。)
 
では、気づいてもらう、知ってもらうにはどうしたらいいののか・・・。

私の上司である自称プロ(仮)いわく広告作る時の基本は
・誰がどこでどんなシーンで見るのかという基本的なところから
・競合はどんなコンテンツを出しているのか、とか
・そもそも目線や意識の上で「引っ掛かる」かどうか、なんだとか。

ちなみに最近みた「んん?!」と思った広告はこちら↓↓↓
17日で可能性が生まれる⁉、そんな広告にときめいちゃいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーー ーーー
この広告が掲載されていたのは東京は高田馬場駅。
ぱっと見なんの広告かわからない、でもなんだか見た事がある。
そう、交通標識をモチーフにしたこの広告は自動車教習所の広告でした。

学生が多い高田馬場の
車とは真反対の駅という場所で
春休みを前に、最短17日で取れる免許の広告。
しかもなんだか引っかかる交通標識風で!

おお…。なんだか考えれば考えるほど素敵…☆
ものすごく練られた、その上でユーモアのある広告でした。


遊びすぎてもダメですが、他と比較して少し違いが出せるくらいが
ちょうどよいらしいです。
じゃあどうやったらその少しの違いが出るんですか?と聞いたら
「こっから先は有料です」とバッサリ。

・・・・。
ちなみに販促を相談されたい方はこちらからお問合せ下さい、だそうです
→→→相談先はこちら★

皆さんの自社の広告はどうでしょうか?
周りの広告と比較しての自社広告になっているでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
次回もお楽しみに♪

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
初心者マーケターのMadokaです。 日々、感じたことを自由気ままにつぶやいていきます。 ※あくまで個人の感想です。    *所属* 株式会社クラブネッツ 店舗企画 サポートチーム HP:https://www.clubnets.jp/index.html