見出し画像

国内観光全面復活|2021年中国メーデー連休旅行の最新データ速報

ENtrance株式会社と一般社団法人日中ツーリズムビジネス協会(CJTC)は、中国旅行研究院、交通運輸部、複数OTAサイトが発表した中国旅行市場データなどに基づき、【2021年メーデー連休中国旅行市場最新動向】についてまとめました。

2021年メーデーに、中国国内観光旅行人数は前年同期比119.7%増の2億3000万人に達しました。コロナ前の同時期の103.2%までに回復しました。国内観光収入は前年同期比138.1%増の1132.3億元(1.9兆円)を実現し、コロナ前の同時期の77.0%までに回復しました。

回復と同時に、旅行市場の新動向も発生しています。コロナ後の観光回復に向けて、中国メーデーの市場動向は重要な意義があります。

◆概要説明

本レポートの内容概要(目次)は下記の通りとなります。分析レポートの一部結果抜粋をnoteにて公開しております。

画像1

本分析レポート全データ(PDF)を取得されたい方は、文末の利用方法をご参照ください。

◆メーデー連休の全体動向

今年の連休は国内観光市場のみで2.3億人となり、2019年比30%増という結果になりました。

画像6


◆部門別からみるメーデー連休の動向

メーデー期間中に、高級ホテルの人気が見られます。データによると、メーデー期間中ホテル注文の40%近くが高級ホテルであり、海浜のリゾートホテル、郊外のリゾートホテル、テーマパークホテルが特に人気です。

画像2

観光施設の種類に関して、自然風景の観光地を訪れる観光客の割合は30.8%、都市周辺の農村は26.8%、郊外の公園は20.4%、都市公園は11.45%をそれぞれ占めています。

画像3

高級ホテルの中で、自然風景の魅力を感じながら休憩する旅行プランがより人気になりました

◆メーデー連休期間中の注目新動向

メーデー期間中にオーダーメイドツアーの増加傾向が明らかです。Trip.comのデータによると、今年メーデー期間中オーダーメイドツアー予約の増加率は230%に達しました。

画像4

メーデー期間中に全国は56回の音楽祭があり、2019年の同時期に比べて37%増加しました。チケット収入と出席者数は前年比でそれぞれ252%と173%を増加しました。

画像5

この他、非接触予約体験の普及などの動向も存在します。本レポートではそれらの分野についても詳しく触れています。

◆レポート全データ取得方法

本分析レポートPDFの全データを取得されたい方は、以下の方法をご利用いただけます。

1、CJTC会員(企業会員・個人会員)の方は、事務局からメールにてご案内いたします。まだCJTC会員でない方、これを機にご入会を希望される方は、CJTC事務局(info@cjtc-club.com)までご連絡ください。


2、CJTC会員ではなく暫くご入会予定の無い方は、本noteをFacebookやTwitterにてフォロー&シェアしていただき、そのキャップチャーをSNSアカウントまで「メールアドレス」をご連絡いただければ、事務局より資料ご送付いたします。


3、本noteをご購入いただき、データ取得フォームのURL表示されますので、そのままリクエストの上、ダウンロード可能となります。
----------------------------------------------

この続きをみるには

この続き: 120文字

国内観光全面復活|2021年中国メーデー連休旅行の最新データ速報

Fresh China通信

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
一般社団法人日中ツーリズムビジネス協会が運営する「FreshChina通信」のnoteアカウントです。https://cjtc-club.com 「中国共創で、日本経済を活性化せよ」