中大サッカー部にいる目的

中央大学学友会サッカー部[公式]

こんにちは。静岡学園高校から来ました持山匡佑です。今回は、「中大サッカー部にいる目的」について書いていこうと思います。文章を作るのは得意ではないですが、最後まで読んでくれたら嬉しいです。私が中大サッカー部にいる目的は「プロになる」ためです。もちろんチームが勝つこと大会で優勝することなどがありますが、1番はプロになることが頭に浮かびます。そのためには、サッカーだけではなく人間としても成長しなければならないとこの4ヶ月中央大学に来て改めて感じました。私は大学で初めて寮に入りました。今まで高校の時は、自宅から通っていました。部活が終わり家に帰れば服が畳んであり、食事が出されというのが当たり前の生活でしたが寮に入り親のありがたさを改めて感じると同時に、自己管理と時間の使い方が大事と思いました。私は高校で様々な経験をしました。一緒にプレーしていたチームメイトからは、4人がプロサッカー選手の道に行きました。今ではJリーグでも、活躍している選手もいます。私はプロから声はかかることがなく大学の道を選びました。正直、自分の中の気持ちはプロサッカー選手になれなくて悔しい気持ちより4年後大学を卒業した後どうなっているか楽しみという気持ちの方が大きです。私は決して大学は遠回りだとは思いません。多少環境の差などはあると思うがやるのは自分自身だと思います。私は、4年後プロに行った選手を追い越し、超えていなければならないと思っています。言うのは簡単だというのはわかっています。4年後結果として示したいと思います。それが実現出来ると思いこの中央大学を選びました。
いろいろ話しましたがやはり1番はサッカーを楽しむことだと思います。その気持ちを忘れず日々成長してきたいです。
最後までよんでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中央大学学友会サッカー部[公式]
中央大学学友会サッカー部公式アカウント 部員の内面を発信していきます。