岩波少年文庫を全部読む。(58)「出不精な中年」が児童向け冒険譚の主人公に。 ジョン・ロナルド・ルーエル・トールキン『ホビットの冒険』
見出し画像

岩波少年文庫を全部読む。(58)「出不精な中年」が児童向け冒険譚の主人公に。 ジョン・ロナルド・ルーエル・トールキン『ホビットの冒険』

千野 帽子

魔法使いに騙されて

『ホビットの冒険』(1937/1951)に出てくるホビットは、トールキンが創作した小柄な種族で、足の裏に毛が生えています。

主人公のビルボ・バギンズは、つましい暮らしを送る正直者のホビット。地下に作った家に住み、農作業や庭仕事で暮らしています。

ある日彼は、放浪する旧知の魔法使いガンダルフに騙されるような形で、滅んだドワーフ王国の末裔トーリン・オーケンシールドとその輩下の12人のドワーフに食事を提供することになります。

ドワーフは、古エッダ「巫女の予言」(12世紀以前?)に登場する地の精ドヴェルグ、そして『ニーベルンゲンの歌』グリム童話「白雪姫」に登場する小人ツヴェルクの英語名。トールキンはこういったゲルマン系説話から、短軀で髭面の頑健な種族を作り出しました。

この続きをみるには

この続き: 4,628文字
書籍『読まず嫌い。』の本体価格と同価格(一括)で、同書の内容を再構成したもの+〈文學〉についての有料単発コラム+マガジン購読者限定無料記事を配信。このマガジンを購読すると、有料マガジン「文学理論ノート」ももれなくついてきます。

『読まず嫌い。』(角川書店)の増補「解体」版。 筋金入りの読まず嫌いが体を張って世界の〈文學〉と、それを読むための「補助線」になってくれる…

戦後日本の児童文学を牽引してきた存在のひとつ、岩波少年文庫のレパートリーを、毎週1タイトル取り上げます。 シミルボン既発表ぶん(https://shimirubon.jp/series/727)は、2022年7月1日以降にnoteでも読めるようになります。

シミルボンから移行してきました。 少しでも長く続くよう、いや、全タイトルをレヴューできるよう、みなさん応援してください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
千野 帽子
勤め人兼文筆家。神戸近郊在住。著書『人はなぜ物語を求めるのか』『物語は人生を救うのか』『俳句いきなり入門』『読まず嫌い。』『文藝ガーリッシュ』他、編著『夏休み』『ロボッチイヌ 獅子文六短篇集モダンボーイ篇』他、共著『東京マッハ』。ここでは世界「文學」について書いていきます。