地獄まで1週間

 頭痛。
 そして覚醒。

 俺は、ふらつきながら立ち上がった。

 体の奥底に残る、鈍い怒り。

 辺りを見回す。
 廃倉庫らしき建物の中にいる。

 右手には、大量の武器が掛けられたボード。
 拳銃、ナイフ、SMG、ライフル。
 およそ考え得る限りの武器が並んでいる。

 そして、目の前には縛られ、ズダ袋をかぶせられた男が転がっていた。
 ズダ袋の中からは、くぐもった声が漏れている。

 俺は自分の右手が小さな紙片を握っている事に気付いた。
 紙には、こう書かれていた。

『これは、私のできるせめてもの罪滅ぼしだ。後は君の好きにしろ。君を生かしている賦活剤は1週間が限度だ。急ぐように。』
 その下に「M.K」というイニシャル。

 何かの予感を感じ、俺は男に歩み寄った。

 男の頭からズタ袋を乱暴に取り払う。
 頬に傷跡のある、いかつい顔が現れた。
 カタギでないと一目でわかる。

 俺はかがみ込んで、男の顔をよく見た。

 突然のフラッシュバック。

 銃を構える男達。
 一斉に銃が火を噴く。
 俺の体に、銃弾の雨が降り注ぐ。

 俺をハチの巣にした連中の中に、こいつはいた。

「おい!」

 俺は、男の上体を起こすと、その顔を思い切り張り飛ばした。
 そして、男の猿ぐつわを外した。

「お前!おい、お前」

 そこまで言って、何を聞けばいいのかわからないと気付く。

 俺は何者か、何故ここに居るのか。
 分からない。
 頭に浮かぶのは記憶の断片だけ。

 突然、男が悲鳴を上げた。
 顔は驚愕に歪み、目には恐怖の色がある。

「あ、あ、あ、う、嘘だ、あ、あんた……あんた……」
 男は、パクパクと金魚のように口を開け閉めした。

 俺の心に凶暴でサディスティックな衝動が湧き上がった。

 本能的に、俺は着ていたシャツをめくり上げた。
 俺の体には、いくつものどす黒い銃創が、乾いた血に彩られて花開いていた。

 男が再び悲鳴を上げた。
 恐怖に圧倒された者の上げる、長い、長い悲鳴を。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
人生に焼かれつつパルプを書き続ける