見出し画像

【ちか旅@中之条町】「旅をつくる人」の人生を旅する。原沢香司さん

画像1

去る11月9日。ここ中之条町では、ところどころの木々が赤や黄に色づいていました。空気はツンと透き通って、上着を羽織ってちょうどいい気温。

今回のちか旅の会場になったのは、雑貨屋・コミュニティスペース「うた種」。群馬県中心部から国道353号線を吾妻川沿いに進み、北側に見える自然の中に佇んでいます。

画像2

「ちか旅」で語られるのは、プレゼンテーションではなくストーリーです。時系列はバラバラかもしれないし、矛盾もあるかもしれない。途中で止まったり、飛んだり、繋がったりすることもあります。

そして、「話し手にとっての意味」だけでなく、聞き手の数だけ意味が生まれていくもの。

今回ゲストスピーカーとしてお呼びしたのは、原沢香司さん。中之条町観光協会で働く彼の人生にダイブし、私たち個人にとっての意味を探し出しました。

 

以下は、原沢さんから語られたお話を少しだけ要約・簡略化したものです。繰り返し語られたエピソード、原沢さんの話し方、間の取り方……実際には、ここに書かれている文字以外にもたくさんの情報が飛び交っていました。

ぜひ、あのときの空気を思い出すように読み返してみてください。

書を捨て、海外へ。足元を見つめる大切さを知った学生時代

画像3

・もともと旅好きではなく、読書好きだった。

・世の中が嫌いすぎて、革命したかった。もっぱら大学の図書館にこもり、その手段を考えていた。

・そのうちに友人ができ、今の日本を変えるための方法を議論。そんな中、教科書の内容変更により歴史が変えられてしまうことに違和感を覚え、学生を30名ほど募って韓国へ。

・韓国では、現地の学生と議論を行なった。たとえば従軍慰安婦について、日本の教育と韓国の教育の差異を知る。「こんなに違うんだ、これは興味深い。」

・その後プエルトリコやニューヨークにも赴き、逮捕されたり自動車を爆破されたりしながらも「何かをやり遂げたい」と挑戦する現地の人間を目の当たりにする。国ごとの状況の違い、問題意識の違い、行動の違いを実感。

・自分たちも「革命したい」と考えていたが、変えることが目的なのだろうか?まずは日本のことを学ぶべきなのではないか?と考えるように。自分たちを取りまく世界、足元を見つめる重要性に気づく。

3.11をきっかけに感じた東京の怖さ

画像4

・学生時代、ツアーを作る際に協力してくれていた旅行会社から声がかかり、就職。周囲からは「会社勤めは無理だよね」と言われていたので、自分でも驚いた。

・旅行会社では、「日本の教育を良くしたい」と考える研究者などに向け、オーダーメイドで旅を作っていた。約10年、楽しく、誇りを持って勤務していた。

・しかし、職場である東京都に持っていたイメージは「子育てをする環境ではない」。結婚してから、ますますその思いが強くなっていった。

・そのことに、原沢さん以上に敏感だった奥さん。なんと仕事をやめ、中之条町に引っ越していった。自分も帰郷するかどうか悩んだが、仕事は好きなため退職・転職するに至らず。

・2011年3月11日、東日本大震災。東京のオフィスから外へ避難すると、そこには見たこともないような数の人間がいた。「東京は人が多すぎる。自分はこんなところで働いていたのか?」と強い恐怖感を覚えた。

町をもっと楽しくするための「革命」

画像5

・中之条町観光協会から、「協会を会社化し、ツアーを組めるようにしたい」と声がかかった。それなら自分も何かできるかもしれないと感じ、ついに転職。

・送り出す仕事から、迎え入れる仕事へ。大学から東京に出ていた通り、これまで地元・中之条町に対して良いイメージはなかったが、帰郷してから町の魅力、そして人の魅力を知る。「こんなに面白い人たちがいるのか!」

・とはいえ、七転八倒。町の人に「何やってんだ」と怒られながら仕事している。何があれば完成なのか分からないまま、それを探っている。

・今の中之条町が完璧だとは思っていない。もっと楽しんでもらえるはずだと信じている。そういう意味では、いまも革命が続いているのかもしれない。

画像6

あのときに掛けた色眼鏡は、なんでしたか。あなたはどう感じ、何を話しましたか。そして、他の参加者から得た学びは、どんなものでしたか。

原沢さんのストーリー、そして皆の言葉を聞き、感情的になった瞬間もあるかもしれません。でも、それこそが旅をした証拠。このちか旅で作り出したお土産が、いつまでもあなたの心に残りますように。

 

次回のちか旅は、11月23日。富岡市で「富岡げんき塾」「まちやど」などに取り組んでいる入山寛之さんのストーリーを旅します。詳細はWEBサイトをご参照ください。

【申込受付中】近所のおもしろい人に会いにいく。ローカルを旅する週末イベント「ちか旅」@富岡市

画像7

https://chikatabi.info/2019/10/31/tomioka/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
『近所のおもしろい人に会いに行く。』ちか旅は、毎回のテーマごとにゲストのお話を伺いつつ、参加者全員でトークセッションをおこなうイベントプロジェクトです。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。