見出し画像

チカク流、オンラインWINSESSIONをご紹介

こんにちは、チカクの伊藤です!
週1本のペースで書いているweekly chikakuも、今日が何回目の投稿かわからないくらいになってまいりました。
今後もどんどん継続していきます!

さて、今週は、
外出自粛要請が出ている中での、チカクの現在の働き方を皮切りに、その働き方に適応したチカク流、オンラインWINSESSIONについて、ご紹介します。

チカクの適応力の高さが気になる方はもちろん、
この状況下で、メンバー間のコミュニケーションに問題を抱えてる方は必見です。

通常オフラインで行われるチカクのWINSESSIONについて気になる方は、こちらから

チカクの現在の働き方について

チカクでは現在、フルリモートワークがほぼ義務化されております。
なのでメンバー一同、自宅からの作業になります。

いきなり余談になりますが、このフルリモートが義務化された中で、
「チカクってほんとにすごいな。」
と感じたことがあるのでシェアさせてください。

それは、フルリモートという一見逆境に見えるような状況の中でも、
いかにこの状況に適応し、さらにその逆境を乗り越え、むしろこれまで以上に高い生産性を生み出すにはどうすればいいのかが真剣にやり取りされていたことです。

例えば、slackの運用ルールを、フルリモート用に最適化を図ったり、
メンバー全員で、リモートワークのKPTを週次で行ったり、
そして、それらの取組を実行し、リモートワークが形になるまでのスピードが、ものすごく速かったり。

最善を尽くせる環境が最速で整っていく様子に、僕は本当に感動していました。

画像3

KPTの様子。miroというツールを使って行われています。

さて、余談が長くなりましたが、今回は、フルリモートが義務化された中でチカクのWINSESSIONにどんな変更があったのかについて書いていこうと思います。

チカク流、オンラインWINSESSION

フルリモートという状況でも、チカクはWINSESSIONを継続しております。
そしてもちろん、チカクのWINSESSIONのコンテンツはオンライン向けにカスタマイズされているので、ご紹介します。

画像2

hangouts meetを使って、WINSESSIONを開催している様子↑

元々オフラインのコンテンツは2部制で、こんな感じ。
第一部:メンバーで楽しくランチ
第二部:メンバーの今週の成果を発表

第二部に関しては、大きな変更はないのですが、第一部に変更が加わりました。
具体的には、4~5人のグループをつくり、指定のテーマを基にフリートークをする時間が設けられました。

例えば、前回のトークテーマは、
・自分の推しについて好きに語る。
・リモートワーク中の息抜きの仕方について
・最近の自分の娯楽について。
などなどでした。

一見すると単純な変更に見えるかもしれませんが、これが意外と、面白い。
普段、第一部はテーマが決まってないので、自然と仕事の話になることや、黙々と食事をとる人が出ることもあるのですが(もちろんそれはそれで大事。)、
指定のテーマがあることで、これまでにない新鮮な会話や相互のコミュニケーションがかなり増えたと感じています。

画像1

グループトークの画面。フィルターをつけて遊んでいる方が1名...笑

ちなみに先週のWINSESSIONは、僕がテーマを決める係だったので、
「お互いの好きな所や尊敬していることを言い合う。」というテーマを設定しました。
微笑ましいやり取りが、各グループで行われたようで、一人でニヤニヤしておりました。

こんな風に、リモートワークになろうとも、社員の距離を近くするための工夫が、WINSESSIONに施されています。

来週のWINSESSIONが楽しみです!

さて、いかがでしたか?
チカクの現在の働き方、そこに適応したWINSESSIONについて、伝わりましたでしょうか?

それでは、今週はここまで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

チカクについて気になった方はこちらから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
2
スマホで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接に送信できるサービス「まごチャンネル」を開発・販売する株式会社チカクの公式noteです。https://www.chikaku.co.jp/

この記事が入っているマガジン

weekly chikaku
weekly chikaku
  • 11本

毎週連載の、チカクのノート。 会社の雰囲気や、まごチャンネルに寄せられたお客様の声を、ご紹介していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。