見出し画像

遊びと学びの境界線

長女(5歳)と次女(3歳)がトランプにはまっている。

きっかけは、カラスのパン屋さんのトランプを買ったこと。近所にある愛媛県立歴史文化博物館で開催中の「かこさとし絵本展」で見つけたのだ。

トランプを購入した当初、子どもたちはトランプがどんなものなのか?どうやって遊ぶものなのかも理解していなかった。

そんな状況の中、できるか分からないけど、教えながらやってみることにした。まずは7ならべやババ抜きからスタート!(夫が教え、私は1歳三女を取り締まる役である)

画像1

すると子どもたちは、すっかりトランプにはまってしまった。勝ち負けのゲーム性が楽しいらしい。

例えば、ババ抜きだと、5歳の長女は同じ数のカードを自分で見つけて出すことができるけど、3歳の次女には難しい。でも、1とか2とか3などの少ない数だと、カードに書かれているパンの数が同じだ!ということが分かるときもあるようだ。

ババを持っていることを秘密にはできないのだけれども・・・。

また、1回につき、10分くらいで終わるのもいい。これがゲームだと、ずるずると、やめる機会を逃してしまいそうだ。

数の勉強のために始めたわけじゃないけれど、楽しみながら学んでいるようでうれしい。遊びと学びの境界線は分からない。

でもその境界線が分からないほど、自分のものになっていくんじゃないのかなあと感じている。

夫は毎日、「今日はトランプできる?」と聞かれて大変そうだけど、これからできるトランプ遊びが増えていくのが楽しみだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

\読んでくれてありがとうございます!/ 頂いたサポートは地域の中で使い、ご縁をぐるぐる回していきたいと思います。

わーい!!!
7
読むことと、書くことが好き。森のようちえんを運営しながら、👧5・3・1歳を育てています。2年前に独学で保育士資格を取得。夫と(一社)ノヤマカンパニーを立ち上げ、教育・持続可能な暮らし・経営をキーワードに活動中。愛媛県西予市在住。http://noyamacompany.com/

こちらでもピックアップされています

子どもと育つ
子どもと育つ
  • 40本

子育ての中で感じたことをゆるゆると書いています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。