見出し画像

それは星の夜(ちいさな詩と絵)


遠い日



あの人と 数秒 視線が重なり合ったとき

私のこころに 甘い星が落ちた



その星は こころの片隅で

今も時々 チカッと ちいさく光ることがある



静かに



せつなく揺れる灯りのように 



あたたかい雪のように



どんなに悲しいこころがあったとしても 


その星の光で救われる・・・



忘れられない星・・・ 


 

「あ ありがとう それ そこらへんにつけてくれる?」



いつか


もしも 奇跡のように逢えたなら・・・



その 星の意味を ちゃんと伝えようって



ずっと思ってた・・・




今宵は 白い夜・・・



あれから5年目の・・・




Merry Christmas・・・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ♥をありがとうございます!(嬉)
56
少女フレンドで漫画家デビュー 今はパステルで少女と花をメインに描いています 男子も時々描きます 詩も好きです

こちらでもピックアップされています

小さな詩と絵Ⅱ
小さな詩と絵Ⅱ
  • 163本

絵にちいさな詩を添えて・・・Ⅱ

コメント (25)
素敵...(*´ー`*)心の奥に灯りがともったように、あたたかな気持ちになりました。今日、この作品に出会えて嬉しかったです✨
如月とーたさん!こちらこそ今日見ていただけて嬉しいです!ありがとうございます✨クリスマスに是非と思っている作品です よかった✨
一年ぶりに再会した物語でしたが
色褪せることなく更に輝きを増して
僕の心によみがえりました✨✨✨
美しい物語をありがとう✨✨✨
( •̥́ ˍ •̀ )・°°・。*。✧*✲゚*
NOTEさん、サポートもいただきありがとうございました!クリスマスの時期にまた見ていただきたい物語なので嬉しいです✨言葉以外の空気も伝わればと思います✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。