〈認知言語学ノート#07〉意味論①

野矢「言語学のことなどまったく知らない人たちに、「ダビデはゴリアテを殺した」と「ゴリアテはダビデに殺された」は同じ意味だと思うか、と尋ねたら、どう答えますかね。「太郎が花子に叱られた」と「花子が太郎を叱った」は同じ意味か、違うか。」

西村「「違う」と答えるんじゃないですか?」

野矢「西村さんはもうだめですよ。認知言語学に汚染されているから(笑)。」

【西村義樹・野矢茂樹『言語学の教室』(中公新書、2013)より引用】

語彙項目が意味をもつことは言うまでもないが、「文法項目にも意味はあるのか」は、言語学者の間で重要な争点となる。

認知言語学では、文法は意味と分かちがたく結びついていると考える。これに対し、生成文法では、文法は意味から自律していると考える。(〈認知言語学ノート#04〉統語論参照。)

そこで、両者について、同じ事実に対して意味の「捉え方」が違う例として、次の能動文と受動文を考える。

例1)
・ダビデがゴリアテを殺した
・ゴリアテがダビデに殺された
この2つの文は同じ事態を表している※が、前者はその事態をダビデの行為として、ダビデを中心に捉えているのに対して、後者は同じ事態をゴリアテを中心にして捉えている。これは主語という文法項目のもつ意味の1つだと考えられる。これに対し、生成文法では2つの文は真理条件が等しい(一方は他方の必要十分条件である)ため、同じ意味であると考える。

このように、語彙項目のもつ具体的な意味に対して、それらの組み合わせのパターン(文法項目)自体がもつ一般的な意味を、スキマティックな意味という。

例1のような能動文と受動文の対応関係は、認知文法の創始者であるラネカーが認知文法を世に出すにあたって最初に扱った例の1つである。ラネカーは、能動文と受動文は多くの場合同じ事態を表せるが、同じ事態を表すからといって同じ意味だとは限らない、と述べている。

例2)
「そのトマトは赤い」と「そのトマトの赤さ」だと、前者はその対象(トマト)が赤いと言っているのに対して、後者はその対象の「赤さ」という性質が、その対象抜きに自存しているような感じがする。

例2はまさに〈認知言語学ノート#06〉(品詞と意味)で扱ったことであり、その内容は品詞という文法項目のもつスキマティックな意味についての議論だったということになる。

~意味論②につづく(次回〈認知言語学ノート〉最終回の予定)

※文の表す「事態」について
生成文法による「意味」の捉え方を「客観主義の意味論」と呼ぶが、客観主義の意味論では、「語や文の意味はその語や文が指し示している対象である」と考える。
例えば、「太郎が公園で転んだ」の意味を考えるとき、この文はどのような対象を指すのかというと、「太郎」は「太郎という人物」、「公園」は「公園という場所」…というようにそれぞれの語が対象を指した上で、文全体としては(何らかの規則によって)「太郎が公園で転んだ」という事態を指していると考える。

【参考文献】
西村義樹・野矢茂樹『言語学の教室』
中公新書、2013年

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。拙筆ながら読んでいただけて嬉しいです。
10
詩をかくことをライフワークにしています。 音楽が好きで、自分でかく詩も、架空の歌詞をイメージしたものが多いです。マガジンには最近勉強している認知言語学のノートや5年分の詩のセルフダイジェストがあります。スキ!も励みになりますし、コメントしていただけたもんなら跳び跳ねて喜びます。