プレミアム

定期購読マガジン「プレミアム」の廃刊につきまして。

プレミアムユーザーのみなさま

誠に申し訳ありませんが、一身上の都合により、定期購読マガジン「プレミアム」を6月末をもって廃刊させてください。これまでのご愛読、本当にありがとうございました。廃刊後もこれまでの記事は閲覧できます。

ありがとー
15

撮影日誌

プレミアムメンバー専用記事です。

とある撮影で色々と発見があったのでご報告。

わーい!
21

映像の世紀の終わりに何をすべきか。

プレミアムメンバー専用記事です。

20世紀は言われる通り映像の世紀だった。

今ならインスタ映えするものが流行するように、映像でウケるものが話題になり流通した。反対に映像でウケないものはスルーされ縮小していった。問題なのは、星の王子さまじゃないけど、本当に大切なものは映像化が困難なため、映像の世紀は本物が廃れていく時代でもあったことだ。

映像というのは情報量が多いようで実は少ない。完璧なロボッ

もっとみる
ありがとー
22

低レベルな怒りとローテクな本が、創作を支えてくれる。by GO三浦さん、田端信太朗さん、椎名誠×中川淳一郎×嶋浩一郎さん

怒る人はやっかいで、子どもじみて、かかわらない方がいい。

たしかにそうだろう、でも本当にそうなのか、わからなくなってきた。

というのはこないだ参加した次のイベントで思うことがあったからだ。

椎名誠×中川淳一郎×嶋浩一郎
「ビールはエラい! そして椎名誠さんはもっとエラい! の夜」

このイベントは中川さんが椎名さんを好きすぎて最高に面白かったのだけど、椎名誠さんが昔のご自身が書いた文章をみて

もっとみる
さいこー
24

ものづくりは体づくり

プレミアムメンバー専用記事です

なんでも体力は必要だけど、ものづくりをするならざっくりと体力というのではなく、体力という要素を分解して、何が体力なのかを探っていかないといけない。体力というのも物語やゲームで一つの大きな要素だから。

体力の根幹は姿勢で、キャラクターの造形にも深く関係してくる。鬼滅の刃を今になって読んだんだけど、強いキャラクターほど姿勢がいいので説得力がある。姿勢がわるくて俺強い

もっとみる

スゴい人は好きを極めてる。

プレミアムメンバー専用記事です。

できるクリエイターや経営者と話して共通するのは、自分の好きなことについて語る、ということだ。何が自分が好きか、という事に対する解像度が非常に高い。

ある方はイカについて1時間話し続け、またある方はサザエさんについてずっと熱く語る。

好きなことだけすれば生活できないのでは、と思うかもしれないけど、自分が好きなことをすることで、どう人を喜ばせるか、どう社会とつな

もっとみる
さいこー
16

アイデアを出すためにしていること。

プレミアムメンバー専用記事です。

アイデアは雨乞いに似ていると思う。降ってくるのを待つしかない。

論理的な考えは建物を組み立てるようにガシガシと組んでいけるかもしれないけど、アイデアとは猫と鳥が仲良くしているような意外な組み合わせなので、ひらめきが必要であり、無理やりだそうとすればかえって出なくなる。

クリエイターと批評家の言動は、似ているところもあるが根本的な違いは、ひらめきがあるかどうか

もっとみる
ありがとー
12

やる気を出してはいけない。頑張ってはいけない。手応えを求めてはいけない。

プレミアムメンバー専用記事です。

勝つと思うな思えば負けよ。という歌が昔あったけど、思ったことの反対になる、という現象はよく起こる。

勝った負けたというのは結果であって、勝負をしている時点の話ではない。なので結果を出そうとあせっている状態で、今に集中できておらず、弱い状態になってしまっている。

やる気を出すのも、やりたくないことだからだ。子供をみているとよくわかるけど、やりたいことならすぐや

もっとみる
さいこー
10

映画『ジョーカー』と人生の三幕構成。一幕では親に従い、二幕で世間に、三幕で自分に従う。

※ネタバレ含みます

物語の多くは三幕構成で作られており、三幕で作れと習うことは多い。

・一幕は「問題提起」
・二幕は「問題の複雑化」
・三幕は「問題の決着」

と明快に説明している記事がわかりやすいけど、映画・ドラマの脚本術でも三幕についてよく論じられている。例えば映画『ジョーカー』も本人の内面状態で見ると三つに分けられる。

・一幕は「問題提起」主人公は社会に適応できない
・二幕は「問題の複

もっとみる
さいこー
18

自分を動かす。

「他人を動かす」という本は多いが、もっと難しいのが自分を動かすことじゃないだろうか。大人でも、心の中にダダっ子がいるような気がする。実はダダをこねてやりたくないのだが、大人だからダダをこねていることに気づいていない。

子供がダダをこねた場合、言葉でそのままいう事を聞かせることは至難だ。ちょっと歩けばアイスクリーム屋があるよとか、より楽しい状況をイメージさせて誘導するしかない。

ある農家のエピソ

もっとみる
ありがとー
14