見出し画像

「Something New」求めて

興味のあることには猪突猛進してしまう。

ある程度の知識の積み重ねが必要と分かっている分野なら、自制して時期を待つこともある。だが、人生はそれほど長くはない。

だから、何かコレはと思ったものがあれば、そこに向かって進んでいくのだ。

その衝動には何という名前をつけたらよいのだろうか?

なんとなく激しい何かを表すような情動的なものをイメージしようとした。「激流思考」とか「瞬間始動」とか、堅い感じはするがチョッと笑えるような名前しか浮かばなかった。

数日前から少し体調を崩し、睡眠時間が若干増えていた。横になっている時間が長く、ふと意識が戻るとトイレにいき、また横になる。そんな時間が続ていた。

眠りが浅くなったが体が動かないという状況もあった。

しっかりと頭で考えることはできないのだが、無駄に思考をしたくて仕方ない自分であったのだ。

そういうときは、超ネガティブなことを思うこともできる。

刹那的に楽しいことしか考えないという選択もできるだろう。

だが、私は、何か新しいことをしたいと考えていた。それは、何か新しいことがないなら、このまま死んでもいいやという考えの裏返しでもある。

私の生きたいという気持ちは、何か新しいことがあるかもしれないという「期待感」に支えられているのだ。

いや、それほど大きなことではなくてもよいのだ。少し何か目新しいものという概念が入っていればそれでよい。

今は、体と心のエネルギーバランスが崩れているのか、体が自分の衝動についてきてくれない。だから、とてももどかしいのだけれど。

体をメンテナンスして、少しでもよい状況に戻して、また行動を起こしていきたい。

「Something New」求めて......!


8
エッセイを書いています。 生きていくというのは誰にとっても辛いこと。 そう思うから、もう限界だと思ったところからでも生きていける。 踏ん張って自分の宿命を受け入れ、運命を切り拓いていける。 このような「人生観」とともに生きています。 ★Amazonアソシエイト参加中★
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。