CCÉ Japan(アイルランド音楽家協会 日本支部)
SCT試験(Scrúdú Ceol Tíre)について
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

SCT試験(Scrúdú Ceol Tíre)について

CCÉ Japan(アイルランド音楽家協会 日本支部)

「SCT」とはアイルランド語で「Scrúdú Ceol Tíre」の略で「Scrúdú = 試験、テスト」、「Ceol = 音楽」、「Tíre = 国の」という意味になります。 アイルランド音楽界の権威である「CCÉ」が認定する、唯一目に見える形として結果を残せる「検定試験」です。ぜひ挑戦してみてください。

SCT試験を受けるメリットは、伝統音楽の曲の種類・正しいリズム・歴史等に対する現在の自分の理解度を客観的に把握できることです。本場のミュージシャンと何が違うのか、何ができれば良いのか、を知ることは、ステップアップのための指標となるでしょう。

Gradeごとに課題があるので申し込み前にご確認ください。初めての方はGrade1~6までを受験できます。Grade7以上については下位Gradeを合格した方のみお申し込みいただけます。合格者には、合格証と評価シートが送られます。

試験官はCCÉ本部より来日したSCT試験官が務めます。
*日本では2018/2019/2022のFéile Tokyo期間中に、SCT試験の責任者(Director)であるオシーン・マクディアマダが務めました。

ーーー2022年SCT試験(日本会場)は終了しましたーーー
試験概要
試験日:次回未定
試験会場:次回未定

・CCÉ本部認定のElementary 1~3、Grade1~8のレベル別に対面形式で実施される伝統音楽検定試験。グレード8が最上位となります。

・どんな楽器でも受験可能です。リルティングやホイッスリング(口笛)など楽器以外でも受験可能です。 どのグレードから受けるかは自由に決めることができます。年齢に関わらずどのグレードでも受験できます。 ただしグレード6以上を受けるためには受験する年の1月1日に14歳に達していないといけません。また、グレード7以上を受験するためには、グレード6にパスしておく必要があります。

・試験項目は4つ。 ① Perfomance(演奏) ② Aural Awareness(聴いた通りに演奏する) ③ Research Project, Discussion & Repertoire(作文(グレード6以上)、質疑応答) ④ Literacy(基本的な技術力)で、100点満点中40点以上取れば合格です。

合格者には合格証が送られます。

受験後送付される評価シートには試験官のコメントが書いてあり、自分の演奏の良かった面、悪かった面、もっと伸ばせる点などを客観的に判断することが出来ます。

※試験中の通訳が必要な場合には、恐れ入りますが各自でご手配いただきますようお願い申し上げます。

SCTシラバス 英語版

SCTシラバス 日本語訳版

Grade6以上:リサーチプロジェクト カバーシート
※本年度のGrade8のリサーチプロジェクトは、COVID-19の影響によるライブコンサートの減少から、対面のライブコンサートのレビューまたは指定のライブアルバムのレビューのいずれかを選択できます。
受験される方は、こちらから詳細をご確認ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
CCÉ Japan(アイルランド音楽家協会 日本支部)
アイルランド伝統音楽の継承・普及活動を行っている世界最大の国際的非営利団体です.