立つ時間が楽しみになる夢のキッチン
見出し画像

立つ時間が楽しみになる夢のキッチン

casaの家

どんなキッチンにしたい?と想像したとき、真っ先に思い浮かぶのは『憧れのカフェ』という人も多いのではないでしょうか。お気に入りの器やキッチングッズを飾るなど、カフェや雑貨店をお手本にするケースも多いようです。さらに、キッチンは機能性も重要だから動線や収納も重視したいもの。

今回は、それら全部をかなえることができる casa carina の『キッチン』をとおして、家事が楽しくなる夢のキッチンをご紹介します。

■ 白と自然素材が、統一感をだします。

画像1

木製のキッチンツールやリネンのエプロン、小さなグリーンなど、厳選されたナチュラルテイストの雑貨が並ぶキッチン。

白壁や白いタイルのキッチンが、まるでカフェのような雰囲気を醸し出します。好きなものに囲まれた空間は、キッチンに立つ時間をもっと楽しくしてくれます。

画像2

飾り棚には、カッティンングボードや琺瑯のポットなど、お気に入りのアイテムがずらり。黒板のメニューもカフェ風の演出のひとつ。

画像3

白いタイルのカウンターは、熱いお鍋もそのまま置けて機能性も◯。
毎日作業する場所だからこそ、細部にもおしゃれなこだわりを!

■ 見せないことで『見せる』が光る

画像4

「見せない収納」のお手本キッチン。普段使いの食器や、キッチンツールなどは、作りつけの扉付き収納棚やシンク下の収納スペースに。

キッチン奥のパントリーには、食料品のストックやお客さま用の食器など、普段は使わないものがしまえます。背後にもカウンターを設置し、上にはキッチン家電、下にはゴミ箱を収納できるので家事動線もバツグンです。

■ コンパクトキッチンを機能的にする方法

それほど広くなくても、収納スペースを上手に利用すれば、雰囲気のある機能的なキッチンになります。

画像5

キッチンの背面に南欧風の風のウッド製扉がかわいい大容量の収納を確保。

この収納スペースがあることで、生活感を出さずにスッキリとした空間が実現しました。見える場所にお気に入りのアイテムだけを揃えれば、家事のストレスからも解放されること間違いなし!

画像6

キッチンからの風景。タイルや漆喰の白に、木のあたたかみが加わって心地いい。カウンター横の棚には小物を飾ってリラックス感を演出。

■ キッチンの背面がギャラリーです

背面の壁をギャラリースペースのように使っているキッチン。

食器やキッチン家電は食器棚に収納し、背面の壁にはフラワーアレンジメントやリースを飾ることで、リビング側から見たキッチンの風景を最大限に活かしています。キッチンカウンターを照らすスポットも照明もギャラリー感を引き立てます。

画像7

食器棚の側面に棚をつけて、スパイスなどの小瓶を収納。
ドライフラワーがさりげなくディスプレイされているところにセンスが光ります。

---

「casaの家」ユーザーによる casaの暮らし ご紹介中!!

■ casa carina マガジン


今日の運勢はcasa cago吉☆1cagoの組合せを考えると運気up
casaの家
𝗰𝗮𝘀𝗮 𝗰𝘂𝗯𝗲をはじめとした12種類の「𝗰𝗮𝘀𝗮の家」公式note。「𝗰𝗮𝘀𝗮の家」それぞれのこだわりや、暮らしの様子をお届けしていきます。𝙘𝙝𝙚𝙘𝙠✔…家づくり、デザイン、建築 https://www.with-casa.com/