見出し画像

ZoomでiPadグラレコ、設定や効率化の忘備録。


7/3(金)にZoomを利用したPLAYWORKS Inc.が主催するオンラインワークショップ「DIALOGUE ONLINE WORKSHOP:グラフィックファシリテーションと対話」にグラフィッカーとして参加しました。
iPadで「Procreate」というイラスト制作アプリを使いzoomで画面共有しました。やり方を忘備録として残したいと思います。

スクリーンショット 2020-07-03 17.15.55

はじめに

オンラインでグラレコをするやり方は、大きく分けてアナログで書いているところを撮影・配信するか、デジタルで書いているところを配信する方法があります。前回のnoteではアナログに挑戦してみました。

準備したこと

画像7

・MacBookAir(zoomインストール)
・iPad(イラスト制作アプリProcreateインストール)
・Apple pencil
・イヤフォン
・充電器
・飲み物

事前にオンラインイベントのデザインにあわせたテンプレートをProcreateで作成しました。

画像12

画像10

よく使うペン(種類・太さ)とカラーはパレットを作成。

画像9

レイヤーは文字と背景に分けてテンプレートはロックをかけておきました。

画像10

キャンパスの描画ガイド(水色のグリッド)も表示しておきました。

画像11


設定で参考にした記事です。

zoomへの接続は、MacBookAirでzoomをつないでiPadをAirPlayで画面共有するスタイルにしました。そうすることでProcreateでの操作画面を見せないようにできます。
作業が見えてしまうとこちらが焦るのもありますが気になるかと思ったので見せないようにしました。
設定で参考にした記事です。


やってみた感想

スクリーンショット 2020-07-03 23.41.24

スクリーンショット 2020-07-03 23.41.56

スクリーンショット 2020-07-03 23.42.33

スクリーンショット 2020-07-03 23.43.02

スクリーンショット 2020-07-03 23.43.32

「問い」について、ビジュアルで視覚化しながら対話を深めるというワークショップでした。4-5名くらいで20分程参加者のみなさんと対話をしました。事前準備もあり操作は問題なく進められたので良かったです。育休中のため赤ちゃんが居ての参加となりましたが、参加者の皆さんに感謝です。

最後に

終了後に調整できるのもデジタルのメリットだと思います。調整する場合はレイヤーを文字と背景に分けておかないと編集が難しくなるので、ついつい忘れがちなレイヤーですがしっかり分けるのがポイントかもしれません。



この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは制作活動に利用させて頂きます👏

ありがとうございます!
16
Artist & DJ なクリエイティブディレクター。 ライブペイントやグラレコなど即興表現が好き。渋谷FabCafeにておいしいごはんを食べながら、テクノロジーによる表現のこれからを楽しく語るイベント「ごはんとアート」やってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。