見出し画像

スナップ撮影が上手くなる方法。

まずスナップ撮影とは、日常の中で目の前の光景や出来事、人物などを一瞬のうちに素早く撮影する撮影技法、とググると出てきました。


目の前の光景や出来事、人物などを一瞬のうちに素早く撮影する方法が上手くなる為にどうすれば良いかを個人的見解をメモしときます。


上手くなる方法は、
50mm単焦点レンズで撮影する事。
です。

何故か。

50mm(35mm換算)レンズは人の視野角に近く、目で見ている大きさや感覚に近いので、ファインダーを見る前に頭に浮かんだ『このイメージが撮りたい』をそのままに、思い描いた写真が撮りやすいレンズです。

撮りたい絵があればまず自分の目で見なければなりません。アップで撮りたければ近づき引きの絵が撮りたければ離れる。

自分が動かないと構図が決まりません。

スナップ撮影とは目の前の光景や出来事をどこまで構図に入れて何を入れないかを決めないと撮れません。
その判断をする為には限られた50mmの視野角という感覚がとても役に立ちます。
『この辺に立って狙えばあの辺まで写る』
の判断が早くなります。

ズームレンズは自由に構図が選べます。自分が動かなくても広角で広く望遠でアップで撮れる。とても便利ですが自分の撮りたい絵があった時、迷いが生じます。

『もうちょっと寄りかな?引きかな?どっちがええかな?』
迷っている間にシャッターチャンスはサヨウナラ。。

撮りたい瞬間にさっと撮る。

これが商業写真ならクライアントの要望を満たす写真でないといけないし、アートなら自分の感覚や想像力が必要だし、プライベートなら自己満足出来るかどうかです。その練習には50mm単焦点レンズで撮影する事で上手くなります。


きっと。


たぶん。


私の実感です。


Terukazu


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
5
文教スタヂオプロフォトチーム。https://bunkyo-prophoto.com 人物記念写真を中心に想い出を創造しています。『 Photo Finder 』このサイトでは日々の日常や仕事や趣味などファインダーから捉える写真に言葉を添えて、ささやかな情報を発信していきます。

こちらでもピックアップされています

写真にまつわるあれやこれ。
写真にまつわるあれやこれ。
  • 24本

撮影での出来事や撮影機材のお話など。写真撮影技術や精神論など。写真にまつわるあれこれ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。