新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

今年の家族旅行の振り返り。

今年の8月です。家族4人で旅行に行きました。
行き先は直島。ずーと行ってみたかったアートの島。

今年の1月に瀬戸内海の島々というガイドブックを購入し、妄想を膨らまし、
何しよ?何処いこ?何食べよ?いろいろ考えを巡らせて楽しい時間を過ごし、
泊まるところは、つつじ荘という施設に予約をしました。

でも今年は新型コロナウィルスの影響で春から小学校は休校で緊急事態宣言があり自粛生活。果たして夏休みは旅行に行けるのか?いや夏休みあるのか?いやそんな呑気な状況なのか?家族で話し合って旅行前日まで悩みました。

7月頃には子供達も旅行はやめよう・・・っというモチベーションでした。
でもカメラが欲しくなって旅行行きたくなって・・・

そして、家族旅行に行きました。

直島に行き、地中美術館やベネッセアートミュージアムやANDOMUSEUMに、
豊島の豊島美術館。あとはつつじ荘の目の前がビーチなので海水浴したり、
レンタルサイクルで散策したり。

行った先々では、感染拡大防止の徹底がなされていて何処も彼処も安心して過ごす事ができました。こちらの意識とあちらの意識のベクトルが同じだったからこそ違和感なく旅行ができたように思います。

画像1

ちなみに僕はもちろんカメラを持ってたくさん写真を撮ります。
今年から子供達もカメラで写真撮りたい!とのことでデジカメを渡しました。

旅行中もパシャパシャ撮っていて、小学2年の息子カメラマンのデジカメは単四電池が動力だったので『あっ電池無くなった。交換や』を繰り返していたし、娘カメラマンは『あっシステムエラーって出た』が結構表示されてもう壊れたのか?ぐらいの勢いでガンガンカメラを扱っていました。

画像2

画像3

画像4

なので旅行から帰ってきて、それぞれのデータをみたら膨大なカット数が・・・

4年前から旅行の想い出をフォトブックにしています。今年はそれぞれのフォトブックを作成しました。

画像5

自宅では体験できない経験です。オンラインではなかなかわからない事があります。これからの旅行のあり方をちょっとだけ体感しました。子供たちの心に何か残ったかわかりませんが、このフォトブックを見て想い出を振り返ると思います。


いや〜しかしクロードモネ!素晴らしかった!地中美術館感動した!安藤建築素晴らしい!豊島美術館も良かったしアートは人生に必要だ!


家族旅行の振り返りでした。



terukazu


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
8
文教スタヂオプロフォトチーム。https://bunkyo-prophoto.com 人物記念写真を中心に想い出を創造しています。『 Photo Finder 』このサイトでは日々の日常や仕事や趣味などファインダーから捉える写真に言葉を添えて、ささやかな情報を発信していきます。

こちらでもピックアップされています

写真日記のような。
写真日記のような。
  • 20本

ささやかな日常の写真に言葉を添えて。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。