おいしいブルガリアワイン専門店「BULGARIA WINE. JP」

ブルガリアワイン専門店「ブルガリアワイン.jp」の公式アカウントです。ブルガリアの豊かな風土に恵まれた美味しいブルガリアワインの魅力や情報を発信します。お酒は20歳になってから🍷 https://www.bulgaria-wine.jp

おいしいブルガリアワイン専門店「BULGARIA WINE. JP」

ブルガリアワイン専門店「ブルガリアワイン.jp」の公式アカウントです。ブルガリアの豊かな風土に恵まれた美味しいブルガリアワインの魅力や情報を発信します。お酒は20歳になってから🍷 https://www.bulgaria-wine.jp

    マガジン

    最近の記事

    ブルガリアワイン豆知識 vol.6 夏にピッタリ!冷やしワイン①

    マガジン

    マガジンをすべて見る

    記事

    記事をすべて見る
      • ブルガリアワイン豆知識vol.2 三拍子そろったそろった、スゴい!ワイン

         「こんなに風格のあるワインは、今まで味わったことがない!」 こんなワインとは、ブルガリアワインのことである。ホ~ンとに?と思ったあなたも、その魅力を知れば飲んでみたくなるだろう。 魅力➀古代トラキアで誕生したお酒の起源とされ、なんと6000年の歴史を持つワイン文化の発祥地。 魅力②欧州髄一のテロワール(ワイン風土)が育む地ぶどうの確かな香りとコクのある味わい。 魅力③ドイツ、フランスに負けない醸造技術による洗練の口当たり。 「歴史」と「テロワール」と「醸造技術」 

        スキ
        1
        • ブルガリアワイン豆知識vol.1 バラ大国はワイン大国!

          ブルガリアワインがこれほどまでに味わい深く美味しいのはなぜだろうと考えていたら、あることに気がついた・・・ バラの国だからだ! 以前、「フランスワインの女王」と評されるボルドー地方を訪ねた時、葡萄畑の周りにたくさんのバラが咲いていたのを思い出す。 土壌に敏感なバラの苗を植えて病害虫の確認をするらしい。 ブルガリアは世界有数の「香りの女王」と呼ばれるブルガリアローズの産地。 温暖な気候と保湿に優れ、ミネラルが凝縮した土壌がバラの栽培に適しているという。 それは、葡萄

          スキ
          2
          • 夏にピッタリ!おうちでさっぱり楽しめるおすすめワインを紹介します🥂

            いよいよ、今年も夏本番のシーズンに突入しましたね☀️ なんと今年の7月は、東京五輪の開会式に合わせて祝日が移動し、4連休(7/22-7/25)があります。 思いがけない4連休に楽しみも膨らみますが、今年の夏は涼しい室内でスポーツ観戦をしたり、映画を観たり、ネットサーフィンをする機会も多いのではないでしょうか?☺️ 今回は、そんな夏の涼しい生活のお供にぴったりな、さっぱりワインをおすすめシーン別に紹介します🍾 1.スポーツ観戦におすすめの白ワイン 自宅にいながらでも、

            スキ
            8
            • いちごとワインの美味しい合わせ方をご紹介します🍓🥂<後編> / Dr.ワタナベのピタピタセミナー

              前回の記事の続きです↓ 4 スモ-クサ-モンのイチゴ添え:ロゼや赤ワインと スモ-クサ-モンに輪切りイチゴを適量添えて、レモン汁、やや多めのコショウを振りかけると、中間系ワインのシャトーブルゴゾーネ・ロゼに合います。 イチゴの甘味は、 シャトーブルゴゾーネ・ロゼの渋味を隠して穏やかな相性に導きます。 レモン汁は、ワインの冷旨系のリンゴ酸や酒石酸とのバランスをとり、コショウはワインの渋味に合い優しい味わいに。 赤ワインに合わせるときは、温旨系のスイ-ト・チリソ-スまたはワサ

              スキ
              6
              • いちごとワインの美味しい合わせ方をご紹介します🍓🥂<前編> / Dr.ワタナベのピタピタセミナー

                みなさん、イチゴはお好きですか?🍓 イチゴは、4月〜5月が露地物の旬ですが、ハウス栽培で一年中収獲されています。 酸味、穏やかな甘味があり、香りも愛らしくて優雅。 イチゴとワインとの相性の発見は、想像しただけでも楽しくなります。 そんなイチゴとワインを合せるには、両方の酸味・甘味・苦味を一致させることが大切。 イチゴの甘味と酸味にほぼ一致するワインは、やや甘口の白ワイン。 ただ、イチゴにはワインにあるような渋味(刺激味=タンニン)に欠けます。 そこで、イチゴにコショウ、ワ

                スキ
                26
                • 街全体がバラ一色に!?ブルガリアのバラ祭りが想像以上に美しかった🌹🇧🇬

                  日本ではヨーグルトでお馴染みのブルガリアで、毎年行われる「バラ祭り」をご存知ですか? ブルガリアはバラの名産地として世界的に有名で、アロマセラピーなどで使われるローズ製品の世界シェアは実に7割にも上ります🌹 ブルガリアのダマスクローズは特に香りが強く最高級品。 栽培地はブルガリアのカザンラクという都市で、バラの谷と呼ばれています☺️✨ そんなブルガリアローズの世界観を感じられるこちらの動画を是非ご覧ください🌹 こんなに素敵な世界があったのか....!!と思うほど美しい

                  スキ
                  6
                  • 国によって好みが違う?牛しゃぶの味付けとワインの相性のご紹介🍷

                    日本の代表的な食文化「しゃぶしゃぶ」が、海外の多くの方々から大変高い評価を受けていることはご存知でしょうか?☺️ 私は普段、よく外国から来たお客様に牛しゃぶを振る舞うのですが、驚くことに、調味料の好みは国によって異なっています😳 ドイツ人🇩🇪は、牛しゃぶとポン酢の場合、ドイツの白のカビネットの辛口で大喜び🥂 ところが、ギリシャ人夫妻🇬🇷からは、牛しゃぶのたれに、なんと、塩・こしょうにレモン汁を所望されました🍋 また、フランス人の醸造家🇫🇷は、ポン酢にプラスして、なんと

                    スキ
                    12
                    • カツオ(鰹)に合うワインをご紹介します🍷

                      江戸時代は庶民的な高級魚!?「カツオ」の魅力。 春先から秋の中頃まで、カツオの“旬”は長いですよね。 江戸時代には、「まな板に小判一枚初鰹(室井其角)」や、「初鰹 銭とからしで二度涙」などと、値段が高くても粋な江戸の庶民には親しまれてきました🐟 小判一枚は、今の6~7万円位の価値で当時は超高級魚です。このカツオとワインとの相性がピタピタと合ったときは、旨すぎてひっくり返りそうになります😭✨ 上りカツオとワインの相性 上りカツオの刺身に、たれとして、”醤油(50%)+

                      スキ
                      14
                      • ブルガリアの代表的地ぶどう『マブルッド』に隠された伝説と、名前の由来🍇🍷

                        ブルガリアの代表的な地ぶどう『マブルッド』をご存知でしょうか? ブルガリアの人々はこのマブルッドに大きな誇りを持っており、世界中のワイン専門家からも、近い将来国際的に認められる可能性が最も高い地ブドウ品種として、このマヴルッドが挙げられています。🍇 そんなマブルッドはブルガリアの歴史上、数々の伝説を残してきました。🇧🇬 今回は、歴史に翻弄されたとある親子とマブルッドの伝説をご紹介します☺️ ワインが育んだ、とある親子と王様の物語。現在のブルガリアが位置するトラキア地方

                        スキ
                        33
                        • ホタテとワインの美味しい合わせ方をご紹介します♪

                          カルパッチョと呼ばれる料理は、“創作”も含めて限りなく多いですよね。 ここでは、ホタテのカルパッチョとワインの相性についてご紹介します♪ 料理の調味料とワインの成分で相性のよいもの同士として、料理中のオリーブ油とワイン中のタンニンが挙げられます。 このような点に考慮して、3つのレシピによる相性の研究をしました。  🍾ホタテの乳酸やコハク酸に対して、白ワイン中に乳酸のあるもの同士ホタテの貝柱の刺身(乳酸やコハク酸が多い)+ 塩・コショ-(少々) + レモン汁(適量)+オリ

                          スキ
                          23
                          • チョコレートよりもワイン🍷?ちょっぴり不思議なブルガリアのバレンタインをご紹介します🇧🇬 #2月14日はワインの日

                            もうすぐ、バレンタインの日が近づいていますね! 日本では恋人や友人、家族にチョコレートを渡すイベントとして定着しているバレンタインですが、ブルガリアでは少し違ったバレンタインの風景があることをご存知でしょうか? 今回はそんなブルガリアの不思議なバレンタイン文化についてご紹介します🍫❤️ 義理チョコはNG。男性が本命の女性に愛を告白する日。 ブルガリアでは、バレンタインの日に男性から女性におもてなしをする文化があります。 また、"義理チョコ”のように複数の人に贈るので

                            スキ
                            27
                            • 相性バツグン!タコとワインのおいしい合わせ方をご紹介します🍷

                              タコに赤ワインという選択 タコはグリコ-ゲンが多いだけでなく、タウリンも多い。それゆえ、タコは、単にレモン・塩を振るだけで旨味が増し、一般的にはタンニン(渋み)が少ない辛口の冷旨系白ワイン(ブルガリア・ワインであればロビコ・シャルドネなど)と良く合います。この場合、料理の酸味とワインの酸味が一致していることが大事です。 また、タコの調理方法によっては赤ワインを合わせることもできます。(のちほどご紹介いたします) タコ(以下、主にマダコ)は、日本だけでなく、地中海沿岸諸国

                              スキ
                              31