新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

世界の歴史を裏側から操る時空警察「タイムコア・コーポレーション」とは?

先日タイムトラベルに関するYouTubeの動画を検索していて、とても興味深い話を発見しました。

オカルト研究家の山口敏太郎氏のチャンネルですが、2082年の未来からわれわれの歴史を監視する「時空警察」のような組織が、われわれの歴史をコントロールしているというのです。

2020/7/15 山口敏太郎氏「ATLASラジオ2nd 212 ちかみつ登場! 時空管理組織TCCが人類の歴史を操作している」/YouTubeより


この情報提供者は四国で鑑定士をされている「ちかみつ」氏

ちかみつ氏は未来をリーディングしていて、2082年のアメリカ西海岸のオレゴン州の上空に、直径50kmの球体の基地が浮かんでいるのを発見しました。

画像1


2082年、未来の空に浮かぶ空中基地

基地はプラズマ状のバブルで包まれており、通常の空間からはアクセスできません

この基地は「タイムコア・コーポレーション」という組織によって運営されているそうです。

コーポレーション法人や自治体(corporation)という意味か、協同体(cooperation)という意味かはわかりませんが、ちかみつ氏いわく、日本語では「時間中枢戦略調整操作組織」という意味だそうです。口に出して読んだら舌をかみそうです。

この「タイムコア・コーポレーション(以下、『TCC』と略称)」の目的は、歴史(タイムライン)を操作して、人類の文明を滅ぼしかねない出来事の原因を排除すること

ちかみつ氏によると、過去から現在にいたるまで、地球の歴史はさまざまな宇宙人からの干渉を受けてきましたが、「そろそろ地球の歴史は地球人だけで守れよ」と善意の宇宙人たちのサポートを受けて誕生したタイムパトロールのような組織が「TCC」です。


TCCの創立の経緯と恐るべき技術

TCCが誕生したのは1987年。ちかみつ氏によると、2013年から26年前にタイムバックして(過去に戻って)過去の人物たちをヘッドハンティングし、1987年の夏に結成されました。

画像3

TCCは現在アメリカ人を中心に約6000人のメンバーがいるそうですが、その半分以上は現在より過去の人物で占められ、彼らが選出された最大の理由は「歴史に重要な影響を与えない人物」だからです。

山口氏「(TCCって)給料いいですか?」

ちかみつ氏「給料という概念がないようですね。空間に3Dプリンタで基地を作りだす技術を持っているほどで、何もない空間から金を作り出すこともできます。お金という概念が組織の中では薄れています」

驚くことに、TCC「何もない空間から無尽蔵にエネルギーを取り出せる技術を持っている」そうです。
この技術はTCCをサポートする他の惑星の宇宙人から与えられたそうです。

※荒唐無稽な話のように思われますが、これは「真空のエネルギー」を取り出すことのできる技術かもしれません。

「真空」といってわれわれがイメージするのは「何もない空間」ですが、実際の真空中では「物質」と「反物質」が生まれては衝突し消滅を繰り返しています。
この状態に「揺らぎ」が起きると「物質」と「反物質」のバランスが崩れ、「真空の相転移」が起こり、この空間に強大なエネルギーが出現します。
アインシュタイン博士の相対性理論によれば、E=MC^2、つまりエネルギーは質量に変換でき、物質を誕生させることができます

これが実際に起こったのが宇宙誕生の直後のインフレーションだと言われています。

【参照】宇宙が急速に膨張したのは真空にもエネルギーがあったから(佐藤勝彦教授)
東京大学ホームページより

ちかみつ氏によれば、この技術を持っていない100チームほどの宇宙人やその支持を受けた地球人たちによって、地球や火星や月を舞台とした激しい資源の争奪戦が起こっているそうですが、彼らのせいで地球文明の崩壊につながらないよう管理しているのがTCCであり、TCCの科学レベルは一線を画しているそうです。

未来で突然、ある都市が灰になって消えてしまっているのを発見したTCCのメンバーはただちに過去に戻り、その原因となる政治家政府の役人軍の関係者にコンタクトを取ります。
そして「あなたたちの行為がやがて人類の滅亡を導くことになる」と説得します。
ほぼすべての人たちが素直に説得に応じてくれるそうです。
なぜならTCCと彼らとでは、あらゆる点でステージが違うからです。
各国の政府や軍の一部は、TCCの存在をうっすらと知っているそうです。


TCCに関する情報

山口氏TCCにリクルートされる際、急にその人物がいなくなっても、彼らの家族は疑わないのですか?」

ちかみつ氏「タイムトラベルが可能なので、彼らはいつでも好きな時間に帰ってこられます。2、3日出張に行ってくるようなものです」


山口氏「いままで実際にTCCが介入した、人類が滅亡するような大事件はありましたか?」

ちかみつ氏2つの大きな戦争がTCCによって修正されました。その1つは何年か前にアメリカと中国の対立によって起こった事件です」


山口氏「新型コロナウイルスや東日本大震災には、修正は入らなかったのですか?」

ちかみつ氏「入っていません。その2つのレベルはTCCの修正対象ではありません」


TCCに関する考察

SF映画のような壮大な話ですが、私が最も興味をひかれたのは、TCCが創立されたときの経緯です。

なぜ未来人が直接歴史に介入せず、わざわざ過去の人物をメンバーにしたのでしょうか?」

「未来人が過去の世界に来ることで、歴史に余計な影響を与えないため」かもしれませんが、真空からエネルギーを取り出せるような技術を持っているのだから、例えば原因となる人物に直接接触せず、離れた場所からマインドコントロールするようなことも可能なはずです。

その理由として、TCC創立当初「過去へ体ごと人間を送ることができなかった」からではないでしょうか?

過去へタイムトラベル可能なタイムマシンの理論がいくつか考えられていますが、そのどれもタイムマシンが完成する前の時代に戻ることはできません

●「現時点で最も実現性がありそうなタイムマシン」(2017年度物理版)
2017/5/11 Back to the pastより

ちかみつ氏が「2013年から26年前の過去に戻って、1987年の人物たちをリクルートした」と話していますが、TCCがタイムマシンを完成させたのは、2013年で、その時点では情報しか過去に送ることがなかったのではないでしょうか?

だから20世紀末に起こるような人類滅亡の危機を防ぐために、インターネット黎明期の1980年代後半の回線を使って、2013年から1987年に情報を送りコンタクトを取った

情報を受け取った1987年当時の人たちが、未来から送られてきたテクノロジーのデータを元に、体ごと移動可能なタイムマシンを完成させた

という、まるで「未来からのホットライン」のようなストーリーが浮かびました。


もう1つ、ちかみつ氏はTCCについて、アメリカでは少しずつ情報が洩れてきていると言っていました。

さっそくアメリカのサイトを検索してみましたが、見つかったのは下記のページだけ。

●タイムコアコーポレーション
マーベリック・ユニバース Wikiより

どうやら大ヒット映画「アイアンマン」「アベンジャーズ」などの舞台となる世界に存在する架空の時空を管理する秘密組織のようです。

そういえば、山口敏太郎氏も本物の超能力をもつという実力者たちを集めた「超能力アベンジャーズ」を結成されていました。

画像2

●地球を救う!? リアルアベンジャーズ出現 山口敏太郎氏が結成「ガチで本物」超能力者30人
2019/10/19 東スポWEBより


アベンジャーズつながりで、何か秘密が隠されているのでしょうか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

タイムリープやタイムトラベルの情報を集めています!

スキありがとうございます! 不思議な体験の情報発信中!
26
タイムトラベルやタイムリープを中心に不思議な現象を「それが真実なら」と肯定的なスタンスで、相対性理論や量子力学などの物理学を使って考察しています。 https://bttp.info
コメント (2)
素晴らしいまとめでした!!ありがとうございました!
こちらこそ、ありがとうございます^_^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。