見出し画像

【イベント告知】 2020/10/27@第4回ブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラム オンライン - アグリテック編

ブラジル・ベンチャー・キャピタル(BVC)が毎年開催しているブラジル現地の市場やスタートアップシーンに直接触れ、ユニコーン企業数も10頭を超えたマーケットでポテンシャルを感じて頂くイベント、ブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラム。

例年サンパウロと東京で開催していましたが、今年2020年はオンライン開催です。いくつかの分野ごとに分割開催となり、第一弾は農業 x ITのアグリテック領域2020/10/27 開催です。以下の Peatix イベントから申し込めます。

以降、イベント案内となります。

ブラジルのアグリビジネスと日本のスタートアップの可能性

ブラジルは農地面積で世界4位、食肉、穀物に加えて、コーヒーやさとうきびなど、主要な生産物は世界トップクラスの生産量を誇る世界最大の農産物純輸出国です。

ブラジルのアグリビジネスは、農業生産資機材、通信インフラ、農業生産、加工・流通等の各領域で先端的な技術が普及しやすい環境にあり、アグリテックのスタートアップの技術開発も急速に進み、実証実験から事業化までが早いスピードで実現しています。近年、日本のアグリテックスタートアップも早い段階から海外市場に注目をして進出準備を進めているところが出始めています。

本フォーラムがブラジルのアグリ市場のポテンシャル日本の優れた技術のブラジルへの進出可能性についての理解を深め、ブラジル進出のアクションを起こすきっかけとなれば幸いです。

2020/10/27(火)
20:30 - 22:00 JST
・ブラジルのアグリビジネス概観
・ブラジルでのアグリテックへの期待 ー日本の農業技術の可能性ー
・ブラジルのアグリテックスタートアップのご紹介
・世界を狙う日本のアグリテックスタートアップ

22:00 - 
最大23:00 JST
・講演終了後、オンラインでのネットワーキングの機会がございます


登壇者(一部)

濱田安之

濱田安之:農業情報設計社 創業者・CEO
1970年北海道室蘭市出身。1996年に北海道大学農学部卒業後、農業機械の研究者として性能や安全性の評価試験や情報化・自動化に関する先端技術を開発するとともに、国内の大手農機メーカーや工業会と連携して農業機械間の通信制御の共通化に取り組んできた。
2014年4月に農業情報設計社を設立。GPSを利用して真っ直ぐ等間隔、効率的な走行と作業を実現するトラクター運転支援アプリ「AgriBus-NAVI」は世界140か国の農業者に愛用されている。研究者として培った知見を生かし、「より良い農業へのチャレンジを支える」べく農業機械を中心とした農業生産技術の自動化やロボット化、情報化といった農作物・畑・田んぼそして農業者に一番近い先端技術の開発・提供に取り組んでいる。

農業情報設計社
https://agri-info-design.com/

画像2

Eduardo Goerl:ARPAC 創業者・CEO
ブラジル Rio Grande do Sul州出身。大学でビジネスを専攻した後、パイロットとして勤務。2007年に農業散布のフライト中事故に見舞われ、飛行機は墜落炎上するも奇跡的に軽症で助かる。その後、ラテンアメリカ最大手の航空会社LATAMにてエアバス等大型旅客機のパイロットとして勤務。ドローンを見て「この技術で自分のように危ない目にあうパイロットを減らせる」と思い、農地の撮影・農薬散布を行うARPACを創業。自社で開発・製造したドローンで農地でのオペレーションまでを一貫して担う”Drone as a serivce”で急成長中のスタートアップ。2020年にはアメリカ市場への進出を果たし国際展開を加速。

ARPAC
http://www.arpacbrasil.com.br/

内藤祥平

内藤祥平:日本農業 代表取締役
横浜生まれ、横浜育ち。両親は新潟出身。高校時代に自転車で日本縦断、農産業に魅了される。慶應大学法学部法律学科卒業。慶應大学在学中、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校農業経営学部に1年間留学。慶應大学在学中、鹿児島、茨城、ブラジルの農業法人で各1〜2ヶ月の修行。外資系経営コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。2016年10月の退社まで、日本支社の農業セクターのメンバーとして活動。2016年11月に株式会社日本農業を設立。

日本農業
https://nihon-agri.com/

中山充

中山充:ブラジル・ベンチャー・キャピタル 代表
ベイン&カンパニー東京支社勤務後、起業を経て2012年よりブラジルに移住。ベイン&カンパニーサンパウロ支社を経て、ブラジル・ベンチャー・キャピタルを創業。ラテンアメリカのスタートアップへの投資事業、日本のスタートアップのラテンアメリカ進出を支援。JETROグローバルアクセラレーション・ハブ事業サンパウロ担当。ブラジル日本商工会議所イノベーション研究会幹事。著書に「中小企業経営者が海外進出を考え始めた時に読む本」「未来をつくる起業家 ブラジル編」。早稲田大学卒業。スペインIEビジネススクールMBA。

ブラジル・ベンチャー・キャピタル
http://www.brazilventurecapital.net/jp/

参加はこちらから。


Special thanks to, and supported by

画像5


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
ブラジル・ベンチャー・キャピタルはブラジルのスタートアップ企業への投資・支援を行うべく創業いたしました。 ブラジルだけでなく中南米のスタートアップ情報、日本から中南米への進出支援など、ブラジルを中心とした中南米ベンチャーと日本を繋ぐ情報を発信します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。