見出し画像

南蛮由来重地獄音楽芝居 源兄弟遣魔合戦(パイロット版)

その時義経は、自刃に追い込まれていた。
戦を続けるは弁慶ただ一人、他の諸々は物言わぬ。
燃ゆる寺の門前にて、血反吐を吐き捨て彼は立つ。文字通り矢面に立つ。数百本の矢の雨が彼を飲み込もうとしても、彼は立っていた。
「しかし、修羅に心を売ったか。藤原泰衡!」
弁慶は叫んだ。この時初めて弁慶は恐怖した。無理もない。
弓を射るのは骸骨の群れ、迫る歩兵は赤い鬼。ついで髑髏で出来た紫色の炎を噴き出す重戦車に乗るは藤原泰衡であった。
矢の雨がが地面に突き刺さる。土は弁慶の血で泥と化す。
「まだ立つか弁慶よ! お前が守るべき主は義経などではない! 我らが頼朝公である。お前の武勇に免じ黄泉の力をやろう。これは鎌倉殿直々のお言葉だ。さて弁慶、返事は何と、何と」
泰衡はかかか、と笑った。弁慶も笑う。
「何がおかしい」「忘れたのか。生憎おれは——」
一本の巻物を取り出した。『勧進帳』と書かれていた。
「——坊主でね」
彼が巻物を広げると、白いはずの紙面から緑色に輝く文字が躍り出る!その光は天へと伸び、あたりを包む雲をも広げる!
「こけおどしに過ぎぬ! 良いだろう、お前の脛を鎌倉殿への土産としてやる!」
主砲より超自然の火の玉が吐き出される! あわや粉みじん、と思ったその時。
その炎は真っ二つに割られていた。
煙から姿を現したのは鎧を着、斧を持った義経だった。
そして殺戮が始まった。彼は竜巻の様に辺りの兵を蹴散らす。主砲の上に乗って言った。
「……兄者か、これをやったのは」
「その通り。この力で大和だけでなく世界をも手に入れるのだ。身軽さは褒めてやろう。だがお前は死ねい!」
「断る」
義経を斬る、斬る!「ヒョーッ!」間一髪躱す!「バカな!」
義経の背中がニューッ、と輝いた。
「何だ!? 三人!?」
ぶん、と斧で斬られ、理解する間もなく首が飛び、絶命。
「俺は、一体どうしたのだ」
問うたが、弁慶は息絶えていた。
その代わり足元にあったのは漢文の刻まれた巻物であった。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

コインいっこいれる (0) (皆さんの投げ入れたクレジットは現実世界をコンテニューするための生活とか治療費に使われます)

宇宙の真理を解き明かした!
19
世界一意識の低いnoteの管理人。パルプ小説とかを置いている、がっつりゴツ盛り亭自称亭主。ここは暖かい、ゆっくりしていってくれ。 id softwareのファン。ゲーム関連でもなんでもバイト歓迎。BOT立ち入り禁止の連絡先:bapuru524@gmail.com

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2019:エントリー作品
逆噴射小説大賞2019:エントリー作品
  • 627本

小説の冒頭800文字でCORONAを勝ち取れ。ダイハードテイルズが主催するパルプ小説の祭典、「逆噴射小説大賞2019」のエントリー作品収集マガジンです。だいたい1日1回のペースで収集しています。収集漏れを発見したらダイハードテイルズまで連絡してください。【募集要項はこちら】https://diehardtales.com/n/n94b50338466a 【応募タグ】#逆噴射小説大賞2019

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。