編集者いとう

小説やエッセイの編集者をしています。100万部売れるか、100年後にも読まれているような作品を世に出したいです。
    • コラム街
      コラム街
      • 92本

      ここはコラムしかない場所、「コラム街」。 コラムコラムコラム……どこを見てもコラムしかありません。なぜでしょう?  企画力をみがく講座「企画でメシを食っていく」で、 受講生に出た課題は、ずばりコラムを書くこと。 サーフィン、日本語、旅、プロダクトデザイン、アニメについて…… 個性的なコラムがたくさん生まれました。 連載の第1回目だけを提出するという課題でしたが、「1つ書いただけじゃもったいない!」ということで、みんなでこの「街」をつくりました。 だから、ここにはコラムしかないのです。 コラムの良さは、サクッと読めること、連載の途中から読んでも大丈夫なこと。 ここにあるコラムはすべて800文字以内。どれから読んでも「読んで良かった」と思えるコラムがこの街にはあります。

    • 小説編集者の「先生には言えない話」
      小説編集者の「先生には言えない話」
      • 6本

      取材に駆け回り、資料と格闘し、先生と飲んだくれ、原稿に涙する……小説編集者の日常を綴ります。

編集者って、必要ですか?(小説編集者の「先生には言えない話」⑥)

ここ10年くらい悩んでいる。 編集者って、出版社って本当に必要なのだろうか? 出版社に限らず、テレビ・音楽・映画など、 作品を世に出す業界(以下メディアと呼びます…

校閲ボーイ?(小説編集者の「先生には言えない話」⑤)

校正・校閲という言葉をご存じだろうか。 石原さとみさんが主演したドラマ『校閲ガール』でその存在を知った方も多いかもしれない。 校正・校閲は先生が書いた原稿の内容…

名作を生み出すエネルギー(小説編集者の「先生には言えない話」④)

好きな仕事の1つにサイン会がある。 読者の方の顔を見ることができるから。 「ありがとうございました」とお礼を伝えることもできる。 先生も楽しみにしている。 感想は…

本の顔をつくる(小説編集者の「先生には言えない話」③)

編集者にとって、書店は戦場だ。 数多くの本の中から、担当作を選んでもらわないといけない。 なにしろ大型書店になると1店舗の蔵書数は100万冊にも及ぶ。 だから第一印象…

罪作りな文学賞(小説編集者の「先生には言えない話」②)

先日、直木賞のパーティに行ってきた。 直木賞は影響力の大きな賞。公的な賞のような印象もあるが、事実上文春という私企業が主催している賞である。だから候補作には必ず…

コラム街・執筆陣リンク集

「企画でメシを食っていく」4期生のコラムをまとめたマガジン「コラム街」。 そのマガジンのリンク集です。 ほまりん「広告目線な日本ステキ発見!」 ファビュラス・ヤ…