マガジンのカバー画像

小原大典「時のからだ」研究ノート

からだや意識の使い方をほんの少し変えるだけで、心身の自由度は大きく高まり、全く違ったやり方やものの見方が出来るようになります。日常のあらゆる場面で応用可能な多次元的視点を育て、直… もっと読む
心身の自由度と生命力を高める身体技法や視点、考え方を紹介しつつ、それらを日常生活や旅先で実践的に活… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

デブになる理由

自分自身のことを太っていると思うかどうかは、自分が無意識的に設けている基準によって変わるものだ。「肥満」という用語には医学的な定義がなされているが、それもあくまで「現在の医学的知識によれば」の話であって、日常生活が快適に送れているのなら(よほど極端でなければ)数値的に肥満領域に入っていようと別に気にする必要も無いだろう。 ちなみに、私は一般的な観点からすると痩せている部類に入る体型だと思うが、高校生の頃から身長は変わっていないので(多分)、自分的には20歳前後の体重を基準に

有料
300

君は「観波」を読み解けるか?

間もなく新刊『自分で感じ、自分で決める13の月の暦』が発売される。あと1週間〜10日後には書店(WEB含む)での入手が可能になるだろう。それほど多くの部数が刷られている訳ではないので、書店よってはパカル王の翡翠仮面カバーが見えない形で棚に差し込まれていたりするかもしれないが、それでも新刊が並ぶ時はちょっとドキドキする。 ところで、私は「書」を学ぶようになって今年でちょうど20年になる。子供の頃から「いずれサインをするようになる」と妄想していたので(笑)、自分の名前に関しては

有料
300

生命力を高める1mmの極意

2024年(令和6年)に入ってから瞑想クラスやシャンバラ教室で意識的に伝えるようになった事がある。きっかけは自分の稽古体験にあった。サボり性の私が少なくとも20年、場合によってはもっと長く毎日続けている運動がある。天真柔操という運動なのだが、「継続は力なり」の言葉通り、今や歯を磨くような自然さで行なっている。 じっくりやれば20分くらいはかかるが、出張先でも旅行中でも必ず続けられるよう、それを5分程に圧縮しているので、運動量としてはごく軽いものだ。しかし、これをやるのとやら

有料
300

エジプトからの呼びかけ(4)

貴重な考古学的遺物がゴロゴロしているカイロ博物館の中でも、ひと際人気が高いのは、やはりツタンカーメンのコーナー。それでも、日本で展示があった時には、何時間も並んでチラッとしか観られなかったと言われるあの有名な黄金マスクを、間近で、しかも心ゆくまで何分でもじっくり観ていられるのだから嬉しい。重さ11キロという表示に思わず目が行ってしまったのは、この日がKIN11(2008・・28)だったからだろうか。 *本記事は2009年9月11日配信のメルマガ『Happy シンクロ Day

有料
200

「本当は〇〇だった」情報の本当の所

1年くらい前だったろうか、「ヒマラヤのチベットに400年に一度咲くマハメル(宝塔花)」という画像がSNS上で出回った時期があった。知人の中にも驚いたり感動したりしながらシェアしている方がいたものの、私はひと目見て不自然さを感じた。 確かに、ヒマラヤとかチベットというエリアには今も神秘性が残っていて、未知なるものがありそうだと期待させる雰囲気がある。しかも、視覚的にインパクトのある咲き方をしている花と「400年に一度」と言う希少性、そして「宝塔花」という名前が強烈に「ありがた

有料
300

「数」が持つ意味

グレゴリオ暦年末から武内一忠先生の『真実の歴史』とTOLAND VLOGを通じて、古代巨石文明とペトログリフについて少しずつ学んでいるのだが、その文脈を理解するに当たってシュメールの神話にも触れる機会があった。 阿蘇の世界水まつりで武内先生とお会いした折、シュメールの神々に数字が割り当てられている事について問われたのだが、その時点では何も思い出せず、年が明けて暫く経ったタイミングで、ふと、高橋徹さんが『マヤの宇宙プロジェクトと失われた惑星』の中でシュメール神話についても触れ

有料
300

エジプトからの呼びかけ(3)

2008年2月27日(KIN10)は、早朝からハイドパークに向かった。かなり冷え込んではいたが、朝露に輝く緑とそこに彩りを添える桜、鳥のさえずり、天空高くにたなびく透き通った雲など、寒い季節ならではの澄み切った風景が、何とも美しい。警備の馬が蹄を鳴らして過ぎ行くのを心地良く聴きながら、バッキンガム宮殿まで朝の散歩を続ける。 冬服の衛兵が、仕掛け時計の人形のように、一定のテンポで行ったり来たりしている。交代の時間はもっと面白いらしいが、今回の目的は大英博物館なので、地下鉄で近

有料
200

ストラディストライク

今年も年末年始(12/30~1/1)の3日間は恒例のプチ断食を実施し、爽快な気持ちで2024年(令和6年)を迎える事ができた。もちろん、この間も朝の体操は1日も欠かしてはいない。全ての活動の土台は心身の健康にあり、と自覚しているからだ。 メニューは天真柔操に始まり、わくわくツォルキン体操、ぴちぴちドルフィン体操、ペンギンスタンド体操と続いて、仕上げは爽快オラオララッシュ!で終わる(注:最後のラッシュだけパートナーが必要)。 ちょうど昨年の今頃からこのメニューになったのだが

有料
300

ツォルキンを体感する動的観想法

「わくわくツォルキン体操」誕生の背景については既に公開しているので詳しくは触れないが、名前の由来は、その動きが20:13型ツォルキンのデザインとイメージ的に重なるという所から来ている。 『13の月の暦』のツォルキン(260日暦)は心や精神に関する4次元的な時間と関係する暦だが、その働きを、3次元的に顕現している肉体(ドリームスペル的には3次元の宇宙服)を通じて意識化する作業には、とても重要な意味がある。 『テレクトノン』プレイヤーの中には実感している方が多いと思うが、視覚

有料
300

ぴちぴちドルフィン体操

2020年9月23日(KIN178=9・鏡)の朝、それまで重ねて来た研究が一気に結晶化し、のちに「ぴちぴちドルフィン体操」と命名される事になる体操が誕生した。その前日に生まれた「わくわくツォルキン体操」と合わせてここ3年Lと共に毎朝検証し続けて来たが、当初想像していたよりもずっと素晴らしい効能があるのを日々実感しつつ今に至っている。 誕生した瞬間にその事は直観されていたのだが、それが単なる思いつきとか妄想ではない事を確かめるために、そして発見の興奮を鎮めるためにも、最初から

有料
400

エジプトからの呼びかけ(2)

2008年2月25日(KIN8)、成田空港ブリティッシュ・エアウェイズのカウンター手前(X線装置の所)には、長蛇の列が出来ていた。ところが、係員にキャンペーン中だったEチケットの事前受け取り&チェックインを済ませた事を伝えると、その列を全部飛ばして最優先で荷物検査を通してくれ、そのままカウンターに案内された。さらにアップグレードまで可能だという。人に迷惑をかけないで済む最後部の2人並び席(エコノミー)を選んでいたので一瞬迷ったが、とりあえずその申し出を受ける事にした。 *本

有料
200

階段をラクラク登る方法

ここ数年研究を続けて来たものの中に「階段をラクラク登る方法」というテーマがある。その時々で段階的な気づきがあり、都度一定の検証期間を経て(主に二子玉川駅の長い階段で比較する)「有効」と思えたら、身近な人やウォーターセラピーを通じて必要性があると感じた方に伝えて来た。 気づきを得る度「これは凄い発見をしたぞ!」と思ったものばかりで、それをさらっと教えてしまうのは少々勿体無い気もするのだが、そこは利他の精神で分かち合いたいと思う。ただ、無料だとあまり大切に扱ってもらえなかったり

有料
300

365日暦の中での誕生キンの巡り方

グレゴリオ暦11月22日にKIN33がシンクロするのは52年に一度の事で、次にこの同期が起こるのは2023年に52年を加えた2075年という事になる。 KIN33(7・空歩く者)という表現は、KIN11のホゼとKIN22のロイディーンが提唱した『13の月の暦』に特有なものであるだけに(古代マヤにこのような表現は存在しない)、それらの数字が全て絡む(11+22=33)今日という日は、ある種の特別なシンクロポイントのようにも感じられる。 そこで、今回はKIN33(赤い共振の空

有料
300

型を通じて習慣を変える

剣武天真流蒼天道場の稽古は、教範による自修が大前提となっており、月1回行われる道場稽古では、自修して来た型を師範である私が確認して個別指導する事と、一人では実践不可能な組手や組太刀を通じて、お互いに心身の使い方を深める事に重点を置いている。 それだけに、稽古に対する動機が明確になっていないと、稽古が進まないばかりか、昇級昇段審査をクリアするゲームのような感じになってしまう事にも成りかねない。確かに審査は正確な型ができているかどうかを確認する機会として重要な意味を持つが、その

有料
300