見出し画像

【紅─りふじん─の】おや?ちばジェッツのようすが・・・?他ブースター「やめろォォォおおおお!!BBBBBBBBBBB」【スナイパー】


○まさかのクリストファー・スミスが千葉に再加入!

スマン、今シーズンの千葉ジェッツ面白いわ…!
悔しいが認めざるを得ない。
ここまで想像を超えて来るとは!!

□うおおおおお!!千葉ジェッツサイッキョ!!

まさか、この終盤戦になって昨シーズンリーグ史上最高勝率を叩き出した伝説の仲間─とも─がピンチに駆け付けてくるなんて!

そして天皇杯ファイナルで戦うのは、昨シーズンのファイナルで敗れた琉球ゴールデンキングス、かつての仲間─とも─ヴィック・ロー・・・

_人人人人人人人人人人_
> 熱すぎるだろ!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

守りたい、この笑顔。

千葉ジェッツは予算を絞られて昨シーズンのチームを維持できずに苦しんでいた中で、「ウェイブ狩り」でクックスを獲得して、NBLのシーズン終わった後でクリスを呼び戻すの魔法かよ。

池内GMが有能すぎる。

ミクシィから追加の予算引っ張るのも、クックスをマークしてタイミングを計って交渉するのも、クリスとオフでの交渉が決裂した後もコンタクト取って熱意を伝えるのも全てが上手くいった。

今シーズンのベストGMは池内GMだろこれ。
もしクリスがフィットしなくても、できる限り以上のことをやってるわ。

○他チーム「マジでやめろ」

・「無為の時間」製造機

他チームからしたら、マッジで千葉と試合したくないと思う。

強いからとかじゃなくて、クリスのシュートが平均より入る日は「バスケットボールではないナニカ」が始まるからだ。一応、形式上はバスケットボールの試合なのだが、ブロックできない打点のスリーが入るかどうかを見守るレクリエーションが開催されてしまうのだ。
ワイ氏はこれを「無為の時間」と呼んでいる。

言葉を選ばずに言うと、クソゲーである。

しかし、”やってる”側は、その圧倒的な理不尽さによる蹂躙がやみつきになるほど楽しいのだ。

千葉ジェッツブースターがどれほど”クリス”を欲していたかは、クリスの復帰のニュースに対するSNSでの反響を見れば納得していただけるだろう。

・クリス対策がダルすぎる

他チームのスカウティングスタッフは萎えていることだろう。

昨シーズン、千葉ジェッツで最も厳しいマークを受けていたのは、富樫でもなくローでもなく、このクリスだ。

シュートが入りだすと無為の時間が始まってしまい、ゲームが終わってしまうからだ。各チームが策を用意した上でエースストッパーが死に物狂いでクリスを止めに来ていた。

具体的なクリス対策としてメジャーだったのは、「キャッチアンドシュートだけは打たせないようにして、どうにかしてドリブルさせる」というものだ。忘れかけてるチームと新参勢は、このポイントを意識して対策していけ。

あと、ハーフタイムショーになかやまきんに君を呼ぶとクリスは必ず見に来るので、チームミーティングの時間を削らせることができる。

その対策から解放されたと思ったのも束の間、この終盤戦でまた対策を練らなくてはならない他チームに同情したくなる。

○クリスは今の千葉の助けになるのか?

ちょっと下の表を見てほしい。

続きをみるには

残り 1,868字 / 1画像

限定記事が読めるよプラン

¥590 / 月
このメンバーシップの詳細

この記事が参加している募集

Bリーグ

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?