Blockの使い方を学ぶnote
Blockで誰でも読める記事を公開する方法(SEOにも引っ掛かります)
見出し画像

Blockで誰でも読める記事を公開する方法(SEOにも引っ掛かります)

Blockの使い方を学ぶnote

Blockは、チームWikiを作れる情報整理のサービスを提供しています。社内やチームで、共有しておきたい記事やカテゴリーを分かりやすくまとめることが出来ます。

ただし、全世界に公開できる記事も作ることが出来ます。今回のBlockのNEWリリースによって、公開記事にはアラートが付くようになりました。

こちらの画像をご覧ください。

画像1

このように記事を見ると、公開記事には上部に表示されるようなアラートがつきます。実際に、こちらのリンクをクリックして見てください。

誰でも読むことが可能です。

Blockで記事を投稿するときは、公開範囲に気をつけましょう

ブロックで記事を作るときは、下記のように下部で公開範囲を選択することが出来ます。稀に、社外に公開してはいけない情報も、全世界公開状態になることもあるかもしれません。

画像2

そうなると、よもやSEOにも引っ掛かり、検索から人が記事を閲覧してしまうかもしれません。そうなると、プライバシーが危機に晒されます。

今回のリリースは、そのような危機対策のつもりでもあります。Blockの運営チームは、常にチームの情報管理をしやすく、安全に出来るように日々取り組んでいきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Blockの使い方を学ぶnote
チームでWikiを作れる革新的な情報共有サービス、Blockの開発チームです。このnoteでは、Blockの使い方やアップデートをお知らせしていきます。