図解総研

図解総研は、ビジネスモデル、会計、共創、政策のような複雑な概念を共通の型で構造化して図解することで相互理解のコミュニケーションコストを減らし、多様なステークホルダー同士の共通言語を生み出すビジュアルシンクタンクです。

図解総研

図解総研は、ビジネスモデル、会計、共創、政策のような複雑な概念を共通の型で構造化して図解することで相互理解のコミュニケーションコストを減らし、多様なステークホルダー同士の共通言語を生み出すビジュアルシンクタンクです。

    マガジン

    • 会計の地図

      • 26本

      2021年3月16日発売『会計の地図』(ダイヤモンド社・刊)を、全文無料公開するマガジンです。全200ページを22の記事に分割して、順次公開していきます。 本のお買い求めはこちらから↓ https://www.amazon.co.jp/dp/447810557X

    • パーパスモデル

      • 16本

      パーパスモデルは、多様なステークホルダーが一緒に活動するための「パーパスを中心とした共創プロジェクトの設計図」です。誰がどんな共通目的のもとにどんな役割でなぜ関わっているかを可視化することができます。事例を図解した記事や、図解をうけての分析記事、書き方・活用方法などを紹介していきます。 このたび、パーパスモデルの本が出版されました。ぜひそちらもあわせてご覧ください! https://amzn.to/3BUFbj4

    • 図解総研

      • 132本

      ビジュアルシンクタンク「図解総研」の活動や内容を発信するマガジンです。

    • ビジネスモデル図解シリーズ

      • 27本
    • 政策図解シリーズ

      • 13本
      • 会計の地図

        • 26本
      • パーパスモデル

        • 16本
      • 図解総研

        • 132本
      • ビジネスモデル図解シリーズ

        • 27本
      • 政策図解シリーズ

        • 13本

    最近の記事

    フードロス削減通販サイト「Kuradashi」のビジネスモデルを図解しました

    皆さん、こんにちは。 この記事では、図解総研運営のコミュニティ「図解総研+」で行なっている「勉強会」の内容を公開いたします! ●勉強会とは 図解総研+のメイン活動の一つです。 隔週開催で、図解の手法紹介やグループワークを通して図解を学びます。 先日行われた勉強会では、「ビジネスモデル図解を用いて実際のビジネスを図解してみよう!」というワークを行いました。 <図解したビジネス> Kuradashi(クラダシ) 概要 フードロス削減通販サイトとして、このままだと廃棄さ

      • 図解×研究のコミュニティ「図解総研+」の説明資料を公開します

        皆さん、こんにちは! 図解総研では、現在4期生となる新メンバーの募集を行っております。 本記事では、先日行われた4期の説明会スライド・アーカイブ映像を公開いたします。 もしこの記事やアーカイブ動画を見て「図解総研+に参加したい!」と思われた方は、ぜひ以下のリンクからご応募ください。 https://plus.zukai.co/about 応募期間:~10/6(木)まで 結果通知:10/7(金) アーカイブ映像:以下のリンクより 一区切りごとに動画内の時間と概要を記載し

        • なぜこれからの時代に「パーパスモデル」が必要なのか?

          ついに、あらたな書籍が発売されました!!!!! パーパスモデル :人を巻き込む共創のつくりかた という本です。 2022年、8月10日に学芸出版社から出版されました。2年以上かけてつくっています。図解総研代表の近藤と、共創の専門家である吉備友理恵氏が共著者になっています。 ↓こちらからお買い求めいただけます!!(もちろん全国の本屋さんにも置かれています。本屋さんで購入できる方はぜひ。) この記事では、なぜこれからの時代にパーパスモデルが必要なのか?なぜパーパスモデルを

          • PFIの図解

            PFI(Private-Finance-Initiative)を図解してみました。 この図解は「政策図解」という形式で書かれています。政策図解は、1枚で政策の基本的な情報をモデル化するものです。  厳しい財政状況や人口減少、公共施設の老朽化などに対応しながら、地域経済を活性化させることは、多くの地方公共団体が抱える課題の一つです。 今回は、こうした課題に対応するため用いられる官民連携手法(PPP)の一つであるPFIについて紹介します。 それではどうぞ。 PFI民間の資金や

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 会計の地図
            チャーリー 他
          • パーパスモデル
            きびゆりえ 他
          • 図解総研
            チャーリー 他
          • ビジネスモデル図解シリーズ
            チャーリー 他
          • 政策図解シリーズ
            図解総研 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            パーパスモデルツールキットをリニューアル!

            このたび、パーパスモデルツールキットをリニューアルしました!パーパスモデルツールキットとは、パーパスモデルを編集するためのツールをひとまとまりにしたものです。 パーパスモデルの書籍が8月10日から発売されています。本とあわせてぜひこの記事をご覧ください! ここから新しくなったパーパスモデルツールキットの紹介です。 リニューアルの主な中身は次の2つです。 1. デザインがリニューアル 2. Webツールが追加 デザインについては、SNS上でアンケートをとり、デザイナーと

            パーパスモデルをつくってみよう! 「PURPOSE MODEL STUDIO」の取扱説明書

            このたび、パーパスモデルをかんたんにつくることができるツールを開発しました。PURPOSE MODEL STUDIO(パーパスモデルスタジオ)といいます。 パーパスモデルの本の中にも掲載されていますが、この記事では本ツールについての使い方などをまとめています。パーパスモデル本はこちらからぜひお買い求めください↓ PURPOSE MODEL STUDIOは、パーパスモデルの図を画面上で直感的に生成することができるツールです。 パーパスモデルの見方についてまずはじめに、パー

            介護をとりまく課題をどう可視化できるか?「介護課題デザインマップ」が公開

            介護をとりまく課題の構造を可視化する「介護課題デザインマップ」を図解総研で作成協力させていただきました。Ver.0ということで発展途上のマップではありますが、こうして課題を可視化し、オープンにすることで、少しでも課題解決をするための議論の土台が整い、コミュニケーションツールとして活用されることを期待しています。 介護課題デザインマップとはなにか?介護課題デザインマップは、介護をとりまく課題の構造を可視化するマップです。複雑な因果が相互にあるなかで、どこに負の連鎖があるのかを

            TPP11の図解

            TPP11(環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定)を図解してみました。 この図解は「政策図解」という形式で書かれています。政策図解は、1枚で政策の基本的な情報をモデル化するものです。  経済がグローバル化し、国家間で経済連携をしながら企業が国境を越えて活動をすることが当たり前になっています。 その代表的な例として、TPP11を紹介します。 それではどうぞ。 TPP11アジア太平洋地域の経済連携を高度化するための協定 TPP11の正式名称は、「環太

            NISAの図解

            NISAを図解してみました。 この図解は「政策図解」という形式で書かれています。政策図解は、1枚で政策の基本的な情報をモデル化するものです。  人生100年時代と言われる昨今、老後のための資産形成に興味のある人は多いのではないでしょうか。 今回は、そんな人が一度は耳にするであろう「NISA(少額投資非課税制度)」を紹介しています。「一般NISA」「積立NISA」の違いもまとめましたので、一緒に読んでいただくとより自身の資産形成についてより具体的にイメージできるかもしれませ

            生活保護制度の図解

            生活保護制度を図解してみました。 この図解は「政策図解」という形式で書かれています。政策図解は、1枚で政策の基本的な情報をモデル化するものです。 2022年1月現在、何らかの形で生活保護を利用している方は200万人を超えています。 この記事では、生活保護の目的や実態、現在の課題について紹介したいと思います。 それではどうぞ。 生活保護制度健康で文化的な最低限の生活を国が保証する 勤めている会社が倒産してずっと仕事が見つからなかったらどうしよう。 重い病気にかかって貯

            地域おこし協力隊の図解

            地域おこし協力隊を図解してみました。 この図解は「政策図解」という形式で書かれています。政策図解は、1枚で政策の基本的な情報をモデル化するものです。 「地域おこし」と聞くと、なにを想像するでしょうか。 一般的には、人口​減少などの「課題」を解決するために地域の魅力を再発信したり、新たな名物を打ち出したりすることが思い浮かびます。 ですが、今回紹介するのはそれとは違った視点で地域おこしに取り組んでいる事例です。   それではどうぞ。 地域おこし協力隊過疎地域等に移住し、

            サウナ、事業承継、100年企業のビジネスモデルなど様々な図解研究が始まりました

            2021年12月に、図解×研究のコミュニティとして 「図解総研+」をスタートしました。 ※詳細な経緯については以下のリンクをご覧ください。 【なぜ、図解×研究のコミュニティ「図解総研+」をはじめるか?】https://note.com/bizgram/n/n91ae6dddedcf 図解総研+のメイン活動には「ゼミ」と呼ばれる集まりがあります。 この記事ではゼミの概要や研究テーマなどを紹介します! 現在は1期生が活動中ですが、3月から2期生の募集を開始します。 事前に登

            パリ協定の図解

            「パリ協定」を図解してみました。 この図解は「政策図解」という形式で書かれています。政策図解は、1枚で政策の基本的な情報をモデル化するものです。 近年環境問題はますます注目が集まっており、解決に向けて国際的に取り組みが進んでいます。その内の1つの事例が「パリ協定」です。 パリ協定そのものについての概要はもちろん、パリ協定以前の同様の国際的な取り組みである「京都議定書」と比べてどう違うのかも合わせて読み進めていただくと、理解が深まるかなと思います。 それではどうぞ。

            PLATEAUの図解

            PLATEAU(プラトー)を図解してみました。 この図解は「政策図解」という形式で書かれています。政策図解は、1枚で政策の基本的な情報をモデル化するものです。 PLATEAUとは、日本の都市データの整備・活用・オープンデータ化を急速に推し進める取組。こう説明されるとなんだか難しそうと思う人も多いかもしれない。しかしこの取組を具体的に知ると、自分が住む街の面白さが見えてくるかもしれません。それでは政策図解と一緒にどうぞ。 PLATEAU3D都市モデルの整備・活用・オープン

            マイナンバー制度の図解

            マイナンバー制度を図解してみました。 この図解は「政策図解」という形式で書かれています。政策図解は、1枚で政策の基本的な情報をモデル化するものです。 この記事では、多くの方に関わりのある(けど案外知られていなかったりする)マイナンバー制度についてどんな目的で、どのように活用されていくのかなどを紹介していきます。それではどうぞ。 マイナンバー制度便利で住みやすい社会を目指し、日本に住む人に番号を付与する制度 すでにマイナンバーカードを申請している人もそうでない人も、「マ

            なぜ、図解×研究のコミュニティ「図解総研+」をはじめるか?

            いよいよ図解×研究のコミュニティ「図解総研+」をはじめます。なぜこのコミュニティをつくったか、どんなコミュニティなのか、何ができるのか、といったことを紹介していきたいと思います。 まずは図解総研+の概要です追記)プランの料金が月額であることがわかりにくかったため、スライドに明記しました。 ここまでで簡単に概要についてスライドで紹介しました。図解総研+のサイトはこちらからアクセスできます。 もっと詳しく知りたい方はここから先もぜひお読みください。なぜ図解総研+をはじめたか