ベタの散文詩

50

(詩篇)渋谷、死者のまち2

神の似姿に作られた唯一のはずの高等生物、人類に的を絞った未曾有の災厄が降りかかってから、白木は水緑となり、冬は夏になり、各国は鎖国し、街は閑散…

(詩篇)シャーベット

何か一歩踏み出すたびに 心臓がすり減る気がするの 心が少しづつ削り取られる気がするの 心はシャーベットのよう 私何度も言ってるけど やるべきこと や…

(音源/詩篇)アタニャージ

↑。(Vocal少し入ってる version のみにしたよ。) …オィ!そこスルーしない!!www ↑↑上にあげた音楽をしっかり聴いてよね!! … atanyage(ア…

悪魔の病

どうか君が怖い夢を見ませんように 神さまからの啓示を見落としませんように 君の優しい気持ちを素直に受け取られますように 君が出かける日は晴れます…

(詩篇)渋谷、死者のまち

人の生き死に、すなわち人生というものに存外無頓着である 感情を感じることは可能だがそれを重視せず様態のみを観察して評するので元来自然科学者然と…

(詩篇)おはよ、毎朝の絶滅危惧種

我が国の警察署の機能は運転免許と自動車関係が半分を占めてるけどあれ民営化したらいいんじゃ無いの 夜のプラネタリウムはこんにち何やら怪しげなテー…

ランナバウトは 楽し

私ラッセルのパラドクスの書は読み飽きたでしょ だからそろそろ次の知見が欲しいところ 悪魔がそっと耳にささやくの 「のろけてる女を青ざめさせる術…

欲しい物・地味ハロウィン

今欲しいものを答えてって問われたから 普通はお金とか家とか毒じゃない親とか健康とか願うのかな。 私はこう答えた。 次元上昇! ナビエ–ストークス…

(詩篇)ベタとご主人様とウラシマ効果のfuture

ご主人様がこっちを見てると嬉しくて ご主人様に美しいヒレを披露してみせるの きれいなヒレをもつサカナは私許せない ご主人様が嬉しそうに私の水槽に…

鳥さん、かわいい鳥さん(モンポウ)

昔から猫を飼っていたから、かわいい小鳥を飼うのは憧れだった。 東京で一人暮らしを始めたから、チャンスだと思っていた。 そんな矢先の頃… その子…