レイダウン・ユアハンド -Lay Down Your Hand-
見出し画像

レイダウン・ユアハンド -Lay Down Your Hand-

「賭けをしよう」
 俺の対面に座る初老の男が言った。
 ジム・ラズロー。このカジノの主だ。
「賭け? いいね。大好きだ。特にポーカーには――」
 俺の言葉を遮るように、ジムが指をさす。
 カジノの入り口。
「次に、あの扉を開けて入ってくる客。そいつが、『男』か『女』か、賭けたまえ」
 ジムが言った。
「当てたら、話を聞いてくれるのか?」
「まさか。――当てれば、君はこのカジノを無事に出ていける」
「外したら?」
 尋ねた瞬間、俺の背後と両脇を囲む、ジムの五人の護衛が、銃を抜いて突き付けてきた。五つの銃口が、俺の頭を睨む。
「冗談だろ? 他に客が大勢いるのに?」
「このカジノは私の家だ。何も問題はない。この程度の見世物は、客も見飽きてる」
 近くのバカラのテーブルに座る客と目が合ったが、退屈そうに視線を逸らされた。どうやら、ハッタリじゃないらしい。
「……煙草を吸っても?」
「構わんよ」
 安物のライターで火を点ける。ゆっくりと煙を吐き出してから、俺は言った。
「――賭けよう。『女』だ」
「女だな」
「そうだ。長い栗色髪ブルネットで、胸と尻が信じられない程デカい。飛び切り美人だが、氷みたいな表情の、黒いドレスを着た女だよ」
「貴様、視界を――」

 その時、入り口の扉が開く。
 ジムと護衛たちの視線が、そちらを向いた。
 入って来たのは、白いスーツを着た、小太りの紳士だった。

「残念。俺はギャンブルに向いてないな」
 五人の護衛達が、全員、糸の切れた操り人形の如く、その場に崩れ落ちた。
「何を――」
 ジムが銃を取り出そうとした。
 その手が、そっと、止められる。
 いつの間にか、先ほど俺が話した通りの女が、彼の傍らに立っていた。
「やめておけ」俺は忠告する。「こいつらも、彼女メリッサがやった」
 ジムは、苦虫を噛み潰したような顔をする。
「……何が聞きたい?」
「〈AX-Cellaアクセラ〉」俺は言った。「この街で流行ってる、電子ドラッグの事について」

【続く】


 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!