保証継続手続きの流れ、住宅譲渡通知書受け取り後
見出し画像

保証継続手続きの流れ、住宅譲渡通知書受け取り後

所有物件を売りに出しており、先月、売買契約しました。

売買契約を締結後、建築会社さんが入っている「住宅建築瑕疵担保責任保険」の保証継続の手続きを依頼していました。

書類受け取り

先日、売主さんの証明書(印鑑証明書、もしくは法人の登記事項証明書)を建築会社さんへ提出。

その後、年末建築会社さんから契約手続きの書類を受け取っていました。

「JIO我が家の保険 住宅譲渡通知書」という書類です。
(ご参考に下部へ資料を添付します)

記載事項

既に建築会社さんが入力できるところは入力くださっていました。

新所有者様と決済予定日をメールでお知らせしており、ご丁寧に追記いただいておりました。

私が入力したのは、3の第一取得者氏名と印鑑のみでした。

年始は明日から?

「きっと年始の営業は明日からかな?休暇中にメールに気がつくと申し訳ないな」と思い、先ほど記入した書類を送りました。

その後の手続き

買主さんの融資が確定したら、私から建築会社さんへ報告することになっています。

その後この書類の提出先である、日本住宅保証検査機構へ建築会社さんからファックスにてご提出いただきます。

書類形態

これらの手続きは全て原本を使うことなく、メールとデータやり取りで行っています。

郵送やファックスを使わずに手続きできるようになり、ありがたい限りです。


少しでも皆さまのお役に立てれば嬉しいです。


アメブロ0105


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また見てください!
サラリーマンの普通のママが「経済的自由&セミリタイアを手に入れる」までのメモ★晩酌ママ
二児のワーママ、毎日バタバタ子育て。 子供ができ将来に不安を感じ投資に興味。様々な投資に手を出し痛い失敗‥。副業・複業、不動産と金融投資。経済的自由なセミリタイアまでのメモが皆様のお役に立てれば嬉しいです。 遊び心で子供へ投資教育も少しずつおこないたいです。