見出し画像

数学嫌いの自分が数学狂いになった理由

子供に勉強してほしい親、たくさんいる。
勉強を楽しんでもらう工夫をしていたり、勉強する意味を教えようとしていたり。親が色々頑張ってみても、子供はなかなか勉強に精を出さないものだ。

それもそのはず、こんな親御さん達には毎回、ある共通点がある。

それは、
親御さんご本人が、勉強を楽しいとは思っていないことだ。

子供も親もつまらないと思ってやってたら、勉強なんてはかどるはずがないと、自分は思う。

先日この動画を見て、改めて数学の美しさに感化された。
暇がある人には、ぜひ一度、見てみてほしい。

Domain Of Scienceという海外の有名なチャンネルで、数学の全体像について語っている動画だ。

これを見て気づいた。「学校で教えられる数学は、この図の中でもつまらないものばかりじゃないか」と。
この図の中で、学校で習うものは代数学や三角関数、
数学好きの自分でもピンと来ないものばかりだ。

逆に、個人的に面白いと感じるフラクタル幾何学、カオス理論やトポロジーなどは学校では一切触れられない。これらを知らない人も結構な数いると思う。

つまり、学校や親たちの教育は、実は面白いものをつまらなくしているのではないだろうか?

「数学は楽しい」ことに気づけたきっかけ

まだ自分が前の学校にいたとき、自分が家に帰ってくると、親は不思議に思ったそうだ。
生徒が学校から渡されたはずの「計算カード」がなぜか出てこない。
数十枚の計算問題がひとつに束ねられていて、一日に百問解くことが義務付けられていたらしい。それを、自分が学校に持っていって以降一度も見ていないと。

結論から言うと、近所のドブに捨てられていたそうだ。
捨てた犯人は、もちろん自分だった。

正直捨てるのはどうかとは思うが(笑)、まあ無理もなかったと思う。
正直、今でもあれは無駄だったと思う。それ以降も、二次関数や行列など、学校の数学は全く楽しくなかった。

そんな自分には、ホームスクールに転校して、この考え方が180度変わった出来事があった。

当時の先生に授業を受けている最中、ある単語が彼の口から飛び出てきたのだ。

「フィボナッチ数列」という言葉だった。
この数列は知名度はあるのだが、当時の自分は知らなかった。ただ、彼の話を聞いていると、自分はだんだんと引き付けられていったのだ。
学校でしている数学とは何かが違う。そう感じたのを今でも覚えている。

フィボナッチ数列とは、無限に続く数列で、【0,1】から始まり、手前の数字とそのひとつ前の数字を足し合わせて、列に追加していく数列のことだ。

0,1,1,2,3,5,8,13,21

「これを渦巻き状にして出来るのが、黄金比という名の、世界一美しい比率だ、モナ・リザやパルテノン神殿にも使われている」と、たしかそんなことを教えてもらった。

画像1

そのとき自分は、数学はただの計算だけではないと初めて気づかされた。

それ以降、その先生にいろいろ教わってゆく過程で、徐々に数学にハマっていった。
そうなるとテストの成績は自然と上がるし、テストでいい点を取るとさらに調子に乗ってはまり込むので、いい循環がうまれたのだ。

子供にむりやり勉強をさせる危険性

数学以外にも、文学や音楽、歴史、いろんなことにハマってみて分かったのは、
親が子に勉強を押し付けてはいけないということだ。

言い換えると、子供にあることを勉強してほしいのなら、
こどもがそれにハマれる入口を作ってあげるのが重要なのだ。

前述したように、自分は今、誰かに言われなくても自分で数学を勉強している。でもそうなれた理由は、親が自分に押し付けすぎなかったことだったと思う。

たくさんの親御さん方は、世間の目使命感
「こどもには算数ドリルや塾通いをさせなければ!」
と思い込んでいるが、それは子供のその科目に対する嫌悪感を足しているだけなのだ。

もし自分がそんなことをされていたのなら、数学なんて好きにはなっていなかっただろう。それに、親が子供にいくら「将来のため」といったところで、彼らがそれを理解するのは容易ではないだろう。

数学にハマった今だから言えるが、一度楽しさに気づいてしまえば、計算力なんて自然と身につくし、高校数学レベルも実は想像ほど難しくないと分かってくる。

つまり、教育者が重視すべきは「こどもが勉強すること」ではなく「こどもがその教科にハマること」なのだ。

最後に、数学の楽しさをこどもに知ってほしい人へ

最後に、数学の面白さがわからない人や、こどもに数学の面白さを知ってほしい人へ、何個か動画を紹介したいと思う。
これらは数学の真の面白さに触れている動画達だと自分は思う。
ぜひ皆さんにも見てもらいたい。

下の動画は様々な無限の違いについてだ。わかりにくいが考えてみれば考えてみるほど不思議だ…

上の動画は残念ながら日本語字幕はないのだが、四次元の超立体で遊ぶという動画だ。理解するのは恐ろしく難しいのだが、二次元の生物が三次元を理解できないように、我々が四次元立体を理解するのは無理だ。(例えば、高さが0のものは二次元物体だが、我々の世界で薄さ0の物体は無である。sのため、複数の次元が交わることは絶対にない)

トポロジーという数学分野の入門(?)動画だ。

恐ろしくシンプルな計算で、恐ろしく美しい図形が出来上がるのは不思議だ。

自分の大好きなyoutuberさんの動画だ。前述のフィボナッチ数列が自然に表れる謎についてふれている。

まあ、インターネットには大量の面白い動画が転がっているので、自分で探してみるのも手だと思う(特に海外のチャンネルはクオリティが段違いだ。日本語字幕で見てみてほしい)。おすすめは TedEd、Numberphile と Vihart だ。

…と、長文になってしまったが、今回はここらへんで。
それでは、また。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

279
マレーシア住みの学生です。ホームスクールで数学・物理・プログラミングなどなど、やってます😌 趣味は音楽、絵、数学、プログラミング、ホラー漫画など。飽きっぽく趣味は取っ替え引っ替えしていますが(笑)

コメント8件

八木平治さん、そうですね、学校教育で嫌いになった教科でも、実際やってみると意外と面白かったりするんですよね。
スプレディアさん、読んで頂きありがとうございます。
私は大人になって、子供に公文の数学を教えているうちに数学が好きになりました。公文の大学院レベルまで子供そっちのけでやってしまいました。子供の頃、「数学は才能だ」という先生の言うことを信じたことが数学が理解できなくなった理由でした。「数学は歴史などの教科と同様「暗記」しないと解けない」ということを早めに教えるべきです。
結論から言うと、近所のドブに捨てられていたそうだ。
捨てた犯人は、もちろん自分だった。

ここ、めっちゃツボりました(笑)

人はハマれば勝手に勉強するという話で思い起こすと、昔から私はノートをとるのが好きで、聞いた話をまとめる力が自然と鍛えられてきた気がします。今それが仕事で実際活かされているので、物事は、つながっているんだなと改めて。ハマれば勝ちというやつですね。

ちなみに数学は高校から理解できなくなり、途中から諦めました(笑)ドブに捨てたみたいなもんですね( ^ω^ )
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。