見出し画像

転職の秋。新しいECへの挑戦

10月という2桁の月が近づくと、「あぁ今年ももうすぐ終わりか…」と軽くエモい気持ちになってしまうのは私だけでしょうか(笑)

そんな変わり目の月ですが、仕事を変える人も地味に多いのが10月。

今年は私もそのうちの一人でして…

昨日、正式に丸5年(2013年10月〜2018年9月)勤めた上場メーカーを辞め、10月からベンチャーで働くことになりました。

このnoteでは、前職の会社で経験したこと、辞めて転職した理由、次の会社でチャレンジすることについてお話ししたいと思います。

上場メーカーでの貴重な経験

画像1

私はどこで働いていたのかと言うと、2018年7月に上場した株式会社MTGで働いていました。

ビューティやウェルネス関連の商品(美容ブランドReFaやトレーニング・ギアSIXPADが有名)を開発するだけでなく、ブランディングまで一貫して行っている会社です。

そこで、ECサイトの更新作業、制作ディレクション、販促ライティング等のフロント業務を幅広く担当してきました。

主に楽天市場店におけるキャンペーンの更新やディレクション、メールマガジンの配信など、売り上げに繋げるための運用を担当しました。

EC業界未経験で入社し、何も体制が整っていないところから業務を作り上げていくことの大変さを知り、自分の未熟さに何度も社内で泣きました。

入社した時、制作メンバーは私含めたった3人。

ECの基本だけでなく楽天市場店の運用方法すらよくわからず、毎日のように担当の楽天コンサルタントの方に電話をしたりアドバイスをいただく日々でした。

ただ、そんな中でパートナー会社さんや上司、自分で学んだことを素直に活かしていきました。コツコツした更新や泥臭い改善・販促を愚直にし続けた成果が出たのか、2014年度には楽天市場店が初めて年間の賞「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー」をいただく場面に立ち会うことができました。同時期に社内の営業全体の中で「ベストプレーヤー賞」もいただき、両方のタイミングで号泣したのは良き思い出です(笑)

悔し泣きも嬉し泣きもできるような環境に身を置けたことは、自己の成長に繋がったのではと思います。

▼楽天ショップ・オブ・ザ・イヤーとは

その後も、おかげさまで「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー」を2014〜2017年度の4年連続で受賞し、有難いことに4回とも受賞式に参画させていただくことができました。(もちろん私だけの力ではなく、関係者全員の力が結集したため。何よりお客様のおかげ…!)

在職中は、他にも部署内で「ベストサポーター賞」や「チーム賞」、「月間MVP」等も色々いただき、貴重な経験をたくさん積むことができました。

20代後半すべてをこの会社に捧げ、ECという側面から少しでも業績に貢献できたことは嬉しく思いますし、1つのサイトを成長させることの楽しさを体感しました。また、何より2018年7月に上場の瞬間に立ち会えたことは、自分の人生において大変貴重な経験でした。

2018年下半期からは、自社ECサイト(本店)の販促担当(メールマガジンやLINEの制作ディレクション)になり楽天市場店からは完全に離れましたが、楽天様には4年以上もお世話になりました。

昨日、社内で送別会もしていただいたのですが、5年間の思い出アルバムやプレゼントまでいただき感無量…!

画像2

画像3

画像4

「文章書くの頑張ってね、取材することもあるだろうから」とくれた、ボイスレコーダーのプレゼント。

プレゼントセンスが良い人って、こういう人のことをいうのだと思いました!

画像5

また、嬉しすぎたのが寄せ書きの中にあったイラスト。大好きな楽天パンダと私の2ショット!前職と楽天様には本当に感謝しています。

大好きな会社を辞めて転職した理由

画像6

辞めようと思ったキッカケですが、実はTwitterなんです←

と言っても「Twitterで気になっていた企業から声がかかり…!」という華やかな理由ではありません(笑)

いろんな人の発信から刺激や新たな気づきを得たり、自分も発信することで「私って実はこんなこと思ってたんだ」と客観的な視点から自分の考えが整理できたりしたことが要因としてあります。

元々毎日更新するタイプではなく放置気味タイプだったのですが、2018年3月に塩谷舞さん(@ciotan)のWebライティング講座(2日間)に通ったことを機にツイッターに興味をもち、ちゃんと更新するようになり…。

実は私のツイッターアカウント(@ayuco_nacanici)、当初EC関連のニュースのみを呟いていたのですが、いざ呟きはじめていくと美容・健康ジャンルのテクノロジー関連やWebサービス、プロモーション等のマーケ関連の呟きが自然と増えていきまして。

あれ、私もしかしてそういう分野にも興味があるのかな…?」と気づいたのです。

また、私は趣味でIDENTITY名古屋(@idn_ngy)という名古屋の魅力を紹介するメディアで記事もたまに書かせていただいているのですが、以前とある記事を書いてツイートしたら、そのイベントの主催者の方から「紹介された!嬉しい!」とコメント付きでリツイートしていただき、それが純粋にとても嬉しくて。

▼IDENTITY名古屋で書いた過去記事はこちら

記事をみてくれた方々が「行きたい!」とか「楽しかった!」と反応してくださっているのをみていると「やりがい最高かよ…」と。

発信したことに対してポジティブな反応があると、人間やはり嬉しいものですよね!

自分が興味のある分野のWebコンテンツで誰かの役に立つことは、大変やりがいがあるのでは」と考え、それを本業にしたいと強く想うようになりました。

さらに単純な私は「読者だけでなく情報提供元の方にも喜んでもらえたら、喜びが2倍になるのでは」と考えたのです。

もちろん自社ECサイトの売り上げが上がるとやりがいありましたし、会社も人も商品も好きでしたが…自分が本当にしたいことを実現するには、社内事情もあり中々の時間がかかると判断。

悩みましたが人生において後悔だけはしたくないため、ご縁のあった会社のビジョンや人に惹かれたこともあり、今回転職するにいたりました。

ベンチャーですること

画像7

次に選んだステージは、ヘルスケアのプラットフォームをつくっているベンチャー、株式会社FiNC Technologies。ヘルスケア/フィットネスアプリと連動した、コンテンツの企画にチャレンジします。

企画〜ディレクション、納品、数字分析まで一貫して実行する予定なので中々大変そうですが、数字に強いコンテンツ企画者になりたいと思っていたので、精神的にもスキル的にも無事に鍛えられそうです!

数字としっかり向き合うことでお客様・パートナー会社様のニーズを的確にくみとり、会社の成長にも貢献していきたいと思います。

女性の悩み・疲れを解放する商品・コンテンツを最適に届けることで、前向きに行動するきっかけに繋がれば嬉しいです。

あーnoteを久しぶりに書くと中々へこたれてきたので、働きはじめてから仕事のことも書いていければと思います←

最後までお読みいただき、ありがとうございました! 

平成最後の秋は、転機のスタートとなりそうです。

画像8

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!とても励みになります。 良い記事を書けるようになるための、本やコーヒー代に使用させていただきます。

ありがとうございます!あなたの2020年は大吉!
40
より道人生での学びを執筆中。女子大アパレル科中退→立命館産業社会学部編入→職業訓練でWeb・EC→大手旅行会社でWebメディア更新→美容メーカーでECサイト運営/上場→ヘルステックベンチャーでECサイト企画→業務委託でCRM・PRのフォロー→EC・D2C支援の会社でPM。

コメント1件

久保様 こちらにもご丁寧にありがとうございます♫またどうぞよろしくお願いいたします(^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。