見出し画像

四季があるって素晴らしい/ラリエット「ドロップ」

AYTURK/オヤデザイナー

毎朝の犬の散歩も、寒さが堪えるようになりました。すでに日によっては氷点下。カッパドキアの長い冬の始まりです。

緯度が高いトルコは、
冬の時期、1日の日の出ている時間は、日本以上に短くなります。
本当に、冬眠に入る・・・感じ。

この厳しい冬に向けて、冬支度はカッパドキアの大切な行事です。
夏の終わりから、保存食や薪の準備を始めます。

我が家でも、頑張って保存食作ってますよ!
(現在進行形なのは、まだ終わらないから・・・・遅すぎです)

今年は初のキュウリのピクルス作ってみました。
出来過ぎてしまったキュウリとディルで、ビックマックに挟まっているちょっと甘めのピクルスを目指して作ってみました。

意外にも、簡単~♪ おいしい~♪
※参考にしたのは「クックパッド」です。

甘めの酢漬けはトルコ人には不評でしたけど、私のツボに入ったので来年も作ろうと思っています。

※中央が甘めピクルス♡

他には、庭で採れたトマトで作った「トマトソース」に、
今年は良質&豊作だったアプリコットと洋ナシで作るジャムは、頂いたはちみつで作ってみました。砂糖ではなく、はちみつで作ると爽やかな風味になるんですね~、面白い。

そして今だに収穫&作成を行っているのがワイン。
小さな家と庭ですけど、ブドウの森か?と思うような家に住んでまして・・・白ブドウは数トンとれます!

友人やご近所に配り、食べ切れない分をワインにしています。でもね・・毎年すっぱいワインだったんですよね~。1年寝かしてようやく、はちみつの香りのワインになってきた感じ。

そこで、今年は収穫を遅らせ、甘くなってから収穫&ワイン造り開始。
8月に収穫していたのを、10月に。甘々のぶどうで作っています!
さてさて、どんなお味のワインになりますかね?

そして、去年作ったワイン、飲むよりも料理酒として使ってましたが、
まだ残っているので・・・・これで、酢ができるよね???

手作りのお酢を作ってみようと思ってます。
作り方は色々ありそうですが、良質の酢の酵母があれば、簡単そうです。

酢って、結構使う私。
サラダやお寿司など、料理はもちろん、水道水が硬水のトルコですから、お掃除にも酢&ベーキングパウダー欠かせません。
上手にできそうなら、煮込んでバルサミコ風も!作れるかなぁ?
楽しみは広がります!

夏は40度、冬はー25度。極端な気温のカッパドキアですが、
四季折々の楽しみ方があります。
冬支度のその1つ。
自分でもよくやるな~と思うくらい保存食を作ってますけど、
それもまた良し。

季節の恵みを大切に、
場所に合った四季折々の行事は楽しむべき!
四季があるって、幸せなことですよね。しみじみ思います。

紅葉が美しい季節に・・・オータムリーフ

秋晴れが続くこの頃。
夕暮れ前の穏やかな光が庭に差し込み、木々の紅葉と相まって、
素晴らしい光景だったので、「今だ!」と撮影してみました。

選んだのは、
紅葉色のアイテム、ラリエット「ドロップ」のオータムリーフ。

後方の木々の色、これほとんど編集していません。
逆光で撮影してみましたが、良い角度で光が差し込み、
映画のワンシーンのようになりました(自画自賛!)

光と影を活用して、
勝手に色の調節をしてくれる、カメラの癖を覚えて、
一瞬を狙って撮影・・・気に入る写真に仕上がることの方が少ないけれど、
こうして、素敵な色で撮れたりすると、面白くなってきます。
素敵な写真目指して頑張ろうと思います。

カラー色々、「ドロップ」シリーズ

イメージを決めて、カラーの組み合わせを考える「ドロップ」
色の組み合わせで印象がまったく異なるのが、面白い。
季節感を大切に色の組み合わせを選んでいます。

「オータムリーフ」は秋の木の葉の色。
ベージュにカーキにゴールド、ブラウンなど5色で作っています。

これからの季節に似合う色ならば・・・「モノトーン・ネイビー」
シンプルに、ネイビーとグレーのコンビネーションです。
シックで人気のカラーです。

ドロップ「モノトーン・ネイビー」


ドロップ「フォギー・ブルー」

ブルー系だけど、冬が似合う色。
ブルーに、ブラウンやベージュを合わせた「フォギー・ブルー」

カラーをたくさん使った「ドロップ」をコーデに取り入れるには、
ラリエットの中の1色を選んで組み合わせると、まとまりますよ。
お試しあれ。

秋冬コーデに、ユニーク「ドロップ」シリーズ、
AYTURKで皆さんのお気に入りが見つかりますように。







この記事が参加している募集

秋だからやってみた

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!