見出し画像

エルメスの教え/「ビジュー」シリーズ

AYTURK/オヤデザイナー

時々、コーデのご質問をいただきます。
特に複数カラーを組みあわせたアイテム、ストール、ラリエットや「ビジュー」など。
「何色の服を合わせたら良いかわからない・・・」と。

そんなときの私の回答は、
「アイテムの中にある色から、服を選ぶとまとまります」

複数カラーを組み合わせたアクセサリーでも、
その中の1色を選んで、同じ色の服を着ればまとまるんですよ。
簡単でしょう?

でも、皆さん本当に悩まれて、悩まれてご相談をいただきます。
反対色やら、同系色やら、いろいろ悩んで決まらない・・・と。
反対色やら、1色アクセントカラーとか、難易度高すぎます。
素敵ですけどね♡

このセリフ
「アイテム(スカーフ)の中にある色から、服を選ぶとまとまります」
実はね、かなーーーり前に、エルメスのパリの店員さんに教えてもらったんですよ。

聞いて、なるほど!と思いました。
このコツを知ってからは、カラーの組み合わせに悩まなくなりましたよ。
オシャレも知識なんですね。

画像1

では、質問。
このブレスレットに合う服の色は?
エルメスの店員さんの教えをもとに言えば、グレー、パープル、ピンク。
そして間違いないのは、ホワイトですかね?

画像2

ハイビスカスのモチーフで作ったスカイブルー系のネックレス。
ブルーに濃いめのターコイズを使っています。そして、アクセントに入れたのは、ベージュ。
このネックレスに合わせる服を選ぶならば、
ホワイトやベージュが合いますかね。

モチーフの印象と季節感を大切に。

AYTURKの作品作りにおいて、大切にしているのは、
モチーフの印象を引き立てる色で作ること。

シャープな印象のモチーフには、シャープなカラーをメインに、
ラブリーなモチーフには、ラブリーなカラーを選んでいます。
加えるカラーは季節感を大切に。
出来上がりを想像しながらの色選びは、悩むけど楽しいもの。
たまには失敗もありますけどね・・・

そろそろ秋冬のパシュミナも完成してきました。
皆でわいわい、相談しながら悩みながら選んだカラーで作った新作。
8月に後半にはご紹介はじめられるかなぁと思っています。
お楽しみに!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
AYTURK/オヤデザイナー
トルコのカッパドキアで仲間とともにオヤ作りをしています。 コロナ真っただ中にトルコで会社「BERRY」を設立してしまいました。 オヤのブランド「BERRY」として世界に出たいと画策中。 HP: https://www.ayturk.biz/