おじさん理系商社マン

シリコンバレー駐在のおじさん理系商社マン、あわさんです。日々感じたことや体験を綴る雑食系ブログです。関連ブログがこちらにもあります。https://rikei-shoshaman.hatenablog.com/

おじさん理系商社マン

シリコンバレー駐在のおじさん理系商社マン、あわさんです。日々感じたことや体験を綴る雑食系ブログです。関連ブログがこちらにもあります。https://rikei-shoshaman.hatenablog.com/

    最近の記事

    • 固定された記事

    シリコンバレーってどこにある?(1/365)

    よく、シリコンバレーってどこにありますか?と聞かれます。投資家の校條さんは、「シリコンバレーはみんなの心の中にある場所」と答えるそうです。カッコいい! 先日そんな言葉を思い出すシーンを見かけました。サンフランシスコからサンノゼ方面に向かうCaltrainという鉄道があります。とある駅で帰りの列車を待っていたのですが、トラブルで列車が遅れています(こんなことは日常茶飯事です)。おそらくこのエリアは初めてと思われる青年(青年A)が不安そうな顔で、ベンチで音楽を聴いている青年(青

      • 何度聞いてもわからない話 (86/365)

        ときどき、何度聞いても内容が頭に入ってこない人がいます。いろいろ角度を変えて質問してみるのですが、さっぱりわかりません。いわゆる、 言語明瞭、意味不明瞭 の状態です。 この状態をすごく意識したのは、もう10年以上前に「秒速で1億稼ぐ」でバズっていた与沢翼氏のインタビューをラジオで聴いていたときです。 いわゆる情報商材で稼いでいる話で、パーソナリティとのやりとりはこんな感じでした。記憶をもとに再現してます。 「なるほど、情報商材に課金して儲ける仕組みを作られたと」 「

        • 文化祭実行委員やったことありますか?(85/365)

          突然ですが、文化祭実行委員やったことありますか? まあ、これは分かり易いからいつも使っているメタファでして、もう少し詳しく言うと、 「何でもいいから企画、実行、振り返りまでやり切ったことありますか?」 となります。例えば 家族旅行や合宿でもいいし、アンプの設計と製作、バンド活動、趣味のイベント、もちろん仕事上のプロジェクト、何でもいいので、最初から最後までやり切ったことがありますか?という問いです。 こういう取り組みは、おおよそ 企画、検討、調査、準備 実行プラン

          • 「勝つためにはここで得点する必要がありますね」(84/265)

            タイトルは、野球解説なんかでよくある台詞です。 実況「解説の〇〇さん、〇〇チームはどんな戦いをすべきですか?」 解説「はい、1点ビハインドで9回裏なわけですから、勝つためには少なくとも1点取って延長に持ち込むか、2点とってサヨナラしかありませんね。」 なんのこっちゃ? これって何か言っているようで何も言っていない典型例ですよね。政治家の小泉進次郎さんの、いわゆる「小泉話法」にも通ずることかと思います。 ピンチを切り抜けるにはこういう話法も使いこなせた方がよいかもですが

            トヨタの社長交代で思うこと (83/365)

            トヨタの社長が交代します。現社長の豊田章男氏はプリウスのリコール騒動の最中、創業家からいわば火消し役として就任し、リーダーシップを発揮して業績の立て直し、モビリティカンパニーに向けた新会社の設立など意欲的な経営が評価されています。 しかし、Teslaの台頭によるEVの進展、当該分野では中国、韓国に大幅に遅れをとっている現状は厳しく、大改革が必要です。佐藤新社長の行く手も茨の道であることは間違いありません。 世界に誇る日本の製造業の衰退は2000年代から始まりました。家電や

            【映画】「イニシェリン島の精霊」を観た (82/365)

            各賞を受賞し、アカデミー賞にもノミネートされているというので何の気なしに見てみました。 いまチーム合宿中でして、山小屋のシアタールームで。 いやあずごい映画見てしまいました。孤島に暮らす男同士の友情の話と思いきや、いや友情の話なんですけどそんなのでは語れない映画でした。 監督や制作背景については外部記事のリンクをご覧ください。 アイルランド沖の架空の島、イニシェリン島。そこに暮らすパードリックとコルムは親友で、毎日連れだってパブに行くのを楽しみにしている仲です。そんな

            雪の山小屋でチームビルディング合宿(81/365)

            チームメイト6名で三泊四日のチームビルディング合宿に来ました。シリコンバレーから車で4時間足らず、スキー場近くの山小屋を貸し切りです。 会社で「合宿」なんていつ以来でしょうか。確か10年前に浜名湖に行ったのが最後かもしれません。今回、山小屋をAirbnb で手配しました。定員22名の施設を6名利用ですから、ゆとりがあります。 食事は当番制です。ゆうべは、ターキーグラタンでした。なかなかおいしかった。今日は日本人組がたこ焼きを作る予定です。 シリコンバレーというと、プライ

            天の時、地の利、人の和 (80/365)

            高校時代はラグビー部でした。伝統のある部活だったので、元旦から練習して、グラウンドにお神酒をまき、その足で近くの神社にお参りしました。 「戦勝祈願するな。神よ御照覧あれ、と祈るんだ。」 と部長先生の言葉。熱血先生で、試合前の口癖が、 「天の時、地の利、人の和!」 私も公式戦の試合前などはこの言葉に気合が入って、 「ハイッ!」 とか言ってました。最近ふとそのことを思い出して、何の気なしにあらためてこの言葉の意味を調べてみたら、驚愕の事実が。 私の理解は間違っていま

            みんな!自己中でいいよ! (79/365)

            今日はもっと「自己中心」でいいよという話をします。先日の記事で「老害」について書きました。 老害を助長するのは、周囲の忖度です。「他責思考の現代の組織では、そんな面倒なことは選択せず、結果、忖度を積み重ねて物事が進んでいく。」 そういう組織の中には必ず損な役回りの人がいるものです。そうして多くの場合優秀な人たちです。そして多くの場合謙虚で、押し付けられた仕事を文句も言わず粛々とこなしていく。するとさらに新しい仕事を押し付けられて、時間が奪われ、消費されていく。 若手の時

            七つの会議?(78/365)

            みなさんはよく会議をしますか?会議が好きですか? といきなり聞かれても困りますよね。なぜなら「会議」とひとくちに行っても言っても目的や形態によっていろいろな種類があるからです。 おおむね5種類くらいに分類されることが多いようです。 この記事では、 ①アイデア出しの会議 ②スケジュールを決める会議 ③報告や連絡をする会議 ④教育(コーチング)をする会議 ⑤意思決定をする会議 と分類してます。 一方こちらの記事では、 ①コーチング会議 ②アイデア出し会議(ブレーンストーミ

            【ドラマ】「夕暮れに、手をつなぐ」に見る今そこにある老害 (77/365)

            評判のドラマは初回を一通り観て、視聴を続けるかどうか決めることにしています。年中行事、趣味みたいなものです。 こんなドラマが始まりました。今をときめく若手女優とジャニーズのタレントの共演。映像も音楽もよい、ちょっと期待して観てみました。 ここから先は個人的見解です。 びっくりしました。わるい意味で。 非現実的なキャラクター設定 ステレオタイプな状況の設定 奇天烈な人が何人も出る異常 大河ドラマかと思う謎の方言 大東京で、何度も出会う偶然 暗に差別的思考が匂うセリフ 唐

            分析的?直観的?そして「わからない」ことを受け入れよう (76/365)

            少し古い記事ですが、人類学者の方のポストイットの功罪に関する記事がツボでしたので共有します。 デザイン思考に代表される創造系のワークショップでは、ポストイットを使ったグループワークや様々なフレームワークがよく使われます。 これらは、「分析によって本質をあぶりだす」取り組みと言えると思います。私も何度もこのような取り組みに参加したことがありますし、主催したこともあります。 しかし常々感じていた違和感があって、それは 「わかっていたことを整理しているだけではないのか?」 と

            ギークとマーケッターの間にある暗くて深い谷 (75/365)

            世の中は先端技術であふれています。特に最近の暗号通貨や深層学習の進化で、コンピュータは道具どころか、産業、経済基盤そのものを形作るまで進化しています。 昔、「数学なんて社会に出て役に立つの?」なんて問いがありましたし、いまもそんなこと言ってる人いそうですけれども、好むと好まざるとに関わらず、現代人は数学、物理、コンピュータ・サイエンスのギーク達の存在によって支えられているのです。 ここでは、リスペクトを込めて、オタクやナード(nerd)ではなく、ギーク(geek)を使いま

            金融リテラシーってあった方がいいんですよね? (74/365)

            よく聞く言葉、「金融リテラシー」。 まずは、銀行による「金融リテラシー」の定義を見てみましょう。 「お金の知識と判断力」、なるほどだいぶわかりやすくなりましたね。 資本主義の世界、経済不安の世界、を生き抜くために「お金の知識と判断力」は確かにあった方がよいですよね。 本当はお金のことなんか気にしなくても自由に生きていけるなら一番なのでしょうが、お金のことで苦しまないためにも、お金の知識は必要。なんか逆説的ですが。 話を進める前に、ここで聖書からの引用を。マタイ伝25章

            人の見え方はTPOでガラッと変わる (73/365)

            どうにも相性がよくない人っていますよね。ちょっとした会話でもイラっとしたり、空気が悪くなる。頼んだこともしっかりやってくれないし、期限の約束も守らない。こうなると顔を見ただけでテンション下がります。 上司がこういう人だったら一番きついかもですが、同僚でも、部下でも、友人でも、家族でも、親戚でも、こういう人がいるものです。直接関係なくても、メディアでみる政治家や評論家に対しても同様の感情を持つかもしれません。 相性が合わない人とは、距離を取る、というのが私の基本ポリシーです

            【ドラマ】最近の恋愛ドラマ事情~silent/その年、私たちは~ (72/365)

            最近観た2つの恋愛ドラマについてお話ししたいと思います。 1つ目は、silent 地上波ドラマですが、SNS中心に口コミで話題が広がり、世田谷代田のロケ地探訪など社会現象にまでなりました。またネット視聴が1話あたり600万再生を超え、いわゆる視聴率一辺倒のテレビ業界に一石を投じました。 2つ目は、その年、私たちは (Our Beloved Summer) Netflixで配信されている韓国ドラマで、こちらも口コミでじわじわ視聴数を伸ばしランキング入りしています。 製