エアラインスクール アビオン

<東京・大阪・京都・サテライト・オンライン> 航空会社の採用試験も担当するエアラインスクール。 国内・外資系航空会社の客室乗務員/CA、グランドスタッフ、パイロットになりたい方を応援するスクールです!

エアラインスクール アビオン

<東京・大阪・京都・サテライト・オンライン> 航空会社の採用試験も担当するエアラインスクール。 国内・外資系航空会社の客室乗務員/CA、グランドスタッフ、パイロットになりたい方を応援するスクールです!

    最近の記事

    燃油サーチャージ

    燃油サーチャージ、最近、原油の高騰にともない上昇傾向、でも皆さんはこの導入に至る背景やメカニズムをご存知ですか。 かつて飛行機の燃料代は航空券代金に含まれていましたし、誰もが当然と理解していました。 ところが原油価格が高騰した時期に、航空券代金とは別立てで燃料代をまかなうために燃油サーチャージが設定されたのです。燃料費の急激な価格上昇に伴う費用増の為、燃料費の一部を乗客が負担する制度で利用する航空会社、区間により条件と金額は異なります。 従来から燃油サーチャージは別立てでは

      • エアラインパイロットになりたいと思ったら 読んでほしい note ⑤

        アビオンエアラインスクール  パイロットになりたいひと応援プロジェクト    自己紹介  うらまつかずこ:   パイロット養成に関する教育、アドバイザー、コンサルティング会社・㈱エーサップ代表。アビオン・エアラインスクールにてパイロット志望の方への特別コース開催中。元航空局運航審査官。   前回は運航トラブルとCRMについてのお話でした。滑走路変更指示で、機長がFMSに入力ミスをしてしまい、FOがチェックしながら見抜けなかったということでした。そのトラブルの背景にCRMがある

        スキ
        3
        • 「話し方」 上達方法

           皆さんは日本語に自信ありますか? 当然、「日本人だから日本語はできますよ・・・」と答えが返ってくるでしょう。しかしながら、日本語をわかり易く、そして的確に使い、会話ができる方は意外と少ないことも事実です。 日本語が苦手な方は、英語も苦手で英語力の上達は望めません。 今回は、日本語の「話し方」を上達させるためのワンポイントアドバイスです。 ズバリ、そのポイントは 「話を簡単に伝えるということ、すなわち論理的思考」 です。 話が長くて要点が掴みづらい、何を言いたいのか不明で回

          • エアラインパイロットになりたいと思ったら 読んでほしい note ④

            アビオンエアラインスクール  パイロットになりたいひと応援プロジェクト    自己紹介  うらまつかずこ:   パイロット養成に関する教育、アドバイザー、コンサルティング会社・㈱エーサップ代表。アビオン・エアラインスクールにてパイロット志望の方への特別コース開催中。 元航空局運航審査官。   皆さんこんにちは! パイロットになりたいひと応援プロジェクトリーダー・うらまつです。 新年度に入り、将来の夢に向かって一歩踏み出そうと意気込んでいる方もいらっしゃるのではと思います。  

            スキ
            2
            • 旅への誘い

              皆さんにとって「旅」とはどのようなものですか。私達は日々の生活で二面的なフェース、すなわち社会的な側面と反社会的な面(孤独)との葛藤の中に生きているのですが、日ごろの人間関係や生活に疲れると「旅」を求める習性があるのではないでしょうか。しかしながら、旅にでれば一人でいることの心地よさを感じる一方で、ひとり孤独感を肌で味わい、再び社会で生きる本来の人間の姿を求め戻るものです。でもこれは人間の性、この繰り返しが人生なのかもしれません。  私の旅へのこだわりは「スタイルのある旅」

              • 旅行は平和のパスポート

                 各地から桜の便りが届いております。良い季節となりましたね。暖かな日々も多く、やっと厚手のコートを手放すことができそうです。新年度のスタートである4月、大学生として、また新社会人として新生活が始まる方も多いのではないでしょうか。 旧暦では今月から夏で、昔の人は空木が咲くことで夏の到来を知ったようですが「夏端月(なつはずき)」、新たな気持ちでうららかな季節を楽しみたいですね。  政府による「水際措置に係る指定国・地域」も残り7か国【エジプト、韓国、スリランカ、トルコ、パキスタ

                スキ
                1
                • 就活スタート

                  2023年卒の就活がスタートしました。コロナ禍からの経済正常化を見据え、企業の採用意欲は回復の兆しが見られます。航空業界(含関連業界)各社においても2年振りとなる採用を再開、数多くの企業が募集要項を発表しました。(アビオンHP航空業界の最新募集情報参照:https: www.avion-air.com/bosyu/ ) 特筆すべきことは、第二新卒も募集対象となっている企業が多いことで、採用中止で業界への就活を断念した方々にとってはチャレンジの場となります。しかしながら、採用

                  スキ
                  1
                  • エアラインパイロットになりたいと思ったら 読んでほしい note ③

                    アビオンエアラインスクール パイロットになりたいひと応援プロジェクト 自己紹介 うらまつかずこ:  パイロット養成に関する教育、アドバイザー、コンサルティング会社・㈱エーサップ代表。アビオン・エアラインスクールにてパイロット志望の方への特別コース開催中。 前回「エアラインパイロットになりたいと思ったら 読んでほしい note ②」ではプロパイロットに必要な資質についてお話しました。 今回は続編、ということで必要な資質の1つ「コミュニケーション・スキル」について、

                    スキ
                    2
                    • 水際対策緩和へ

                      日本政府は3月1日から観光以外のビジネス渡航、留学生、技能研修生を限定に外国人の新規入国、日本人の帰国措置緩和を認めることを正式に発表いたしました。 国外からの入国・帰国者に義務付けている指定宿泊施設や自宅での待機期間が短縮、あるいは免除となる新ルールで、その条件は新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の接種者と未接種者により異なります。 今回の改正ポイントを整理してみましょう。 ・ 待機期間は原則7日間とするものの <追加接種が終了していない方> ・ 感染リスクが高

                      スキ
                      1
                      • 人生、賢く生きるためのキーワード 「地頭力」

                        「地頭力」「地頭が良い」という言葉をご存知でしょうか。 就活を控えた学生さん、また現在お仕事をされながら航空業界への転職を希望されている皆さんは是非この機会に共有していただきたいキーワード、それが「地頭」です。 「地頭」という言葉はその読み方により意味が異なりますのでご注意くださいね。このコラムでの読み方は 『じあたま』 ということで話を進めてまいります。 持論ですが「ビジネスにおいてはセンスが大切、仕事力はセンスで決まる」という考え方で、このセンスがあればどのような会社

                        スキ
                        1
                        • エアラインパイロットになりたいと思ったら 読んでほしい note ②

                          アビオンエアラインスクール パイロットになりたいひと応援プロジェクト 自己紹介 うらまつかずこ:  パイロット養成に関する教育、アドバイザー、コンサルティング会社・㈱エーサップ代表。アビオン・エアラインスクールにてパイロット志望の方への特別コース開催中。 皆さんこんにちは! パイロットになりたいひと応援プロジェクトリーダー・うらまつです。 2022年が幕を開けたら再び新型コロナの脅威再燃! 航空業界は大丈夫かと心配な日々です。でも、パイロットを目指して勉強中の人

                          スキ
                          1
                          • ピーチ・アビエーションが採用を再開

                            ピーチ・アビエーションが2022年度入社の客室乗務員の採用ならびに、整備士、整備、営業、システム部門スタッフの既卒採用を再開しました。 コロナ後の航空需要回復を見据えての措置で、実に2年ぶり、ピーチは日本初めてのLCCとして就航、10周年の節目の年となる2022年、新たなる挑戦ですね。 今回の客室乗務員の採用予定人数は50名程度を予定、今春3月末までに専門学校、短大、大学および大学院を卒業・修了した方(既卒)、卒業見込みの人(新卒)が対象となります。業界への就職を諦めて、別

                            スキ
                            2
                            • 就活は皆さん一人ひとりの長いキャリアの出発点です

                              「人生100年時代」 と言われ、政府は「生涯現役社会」の実現に向けて取り組みを始めておりますが、皆さんはまさにこの新しい時代で働き、社会と関わりを持つ世代となるわけですね 昨今のコロナ禍で「働き方改革」も再燃、仕事のスタイルやオフィス環境も大きく様変わりした令和2/3年でした 今までの人生サイクルは、 この世に生まれ教育を受けて終了するまでの期間(20年)、 その後、社会人となり組織に所属して懸命に働く期間(40年)  そして、定年後の生活を楽しむ期間(20年) という

                              スキ
                              1
                              • 航空機に乗り遅れた実体験

                                皆さんは搭乗予定の航空機に乗り遅れたことはありませんか・・・ 実は私には苦い経験があります。 航空業界入社前にメディアで働いていた頃、担当していたメキシコ大使館からの依頼で単独メキシコ取材に行った時の出来事でした。 実はメキシコは取材で2回、プライベートでも1度行ったことがあったためそれなりに知識はあった国でした。国際線でメキシコシティに到着後、国内線に乗り換えてグアダラハラに移動する際に信じられないミスを犯してしまったのです。それもダブル、悪いことは重なりますね (笑)

                                • ANAホールディングス新卒採用再開

                                  航空業界が採用を再開。 日本航空、JTBに続き、昨年末ANAホールディングスが運航乗務職、グローバルスタッフ職(事務・技術)で2023年度新卒採用、ならびに2022年度入社のキャリア採用の再開を決定いたしました。 実に3年ぶりの採用で航空業界を目指す皆さんにとっては嬉しいニュースとなりましたね。 更なる朗報としては、ANA採用中止によりチャレンジを諦めていた卒業3年以内の方々にも就活の機会を与えるとのことです。国際線はまだまだ厳しい状況で客室乗務員の新卒採用は見送りとなるよう

                                  スキ
                                  2
                                  • 航空業界の仕事(空港編)

                                    日々、航空業界を目指し学習されている皆さんが将来希望するお仕事とはどんな職種でしょうか。 運航乗務員や客室乗務員、そしてチェックイン・エージェントなどはその華やかさから誰もが憧れる世界かもしれませんね。しかしながら、空港では、実に数多くのスタッフが航空機の安全・定時運航のため様々な業務に携わっているのです。 今回はその中でも空港業務として欠かすことの出来ない「グランドハンドリング業務」について深掘りしてみたいと思います。グランドハンドリング業務とはどのようなお仕事だと思いま

                                    スキ
                                    1