見出し画像

【求む!】 制作・アシスタントプロデューサーを募集!

劇団印象-indian elephant-は、この度、「国家と芸術家」三部作公演に向けて、制作及びアシスタントプロデューサーを募集します。下記の評伝劇を創作したいと考えています。

「国家と芸術家」三部作公演とは?

古今東西の芸術家の内、エーリヒ・ケストナー、藤田嗣治、ジョージ・オーウェルという、第二次世界大戦時に、国家という枠組みに翻弄された三人に注目し、国境を飛び越える“自由”な視点や思想、作品を創り出す芸術家たちが、なぜ国家や国民によって“自由”が縛られるということが生じるのか、を描くシリーズ。

第1部 『藤田嗣治~白い暗闇~(仮)』

上演時期:2021 年 10 月・11 月
劇場:小劇場 B1(東京都世田谷区)
概要:
1920年代初頭に「乳白色の下地」という独自の技法を確立し、日本人として初めてパリで成功した画家、藤田嗣治。彼の人生の内、パリ時代(1913年~29年)と、日本に帰国後、トレードマークのおかっぱ頭を丸刈りにし、軍部の協力要請に従って、「アッツ島玉砕」等の戦争画の創作をしていく太平洋戦争時代(1940年~45年)を取り上げ、評伝劇を創作する。

第2部 『ジョージ・オーウェル(仮)』

上演時期:2022 年 6 月
劇場:駅前劇場(東京都世田谷区)
概要:
46歳で早世したジョージ・オーウェルの人生の内、BBC(英国放送協会)に勤務し、インド向けラジオ番組を作っていた1941年~1943年頃を取り上げる。当時のイギリス政府の対インド政策と、どのように対立し、敗北したのか?そして、その敗北によって、どのように彼の代表作『動物農場』『1984』が生まれたのか?を描く。

第3部 『エーリヒ・ケストナー~消された名前~』

上演時期:2022 年 12 月頃
劇場:未定(中劇場規模を検討中)※2020年12月公演の再演となります。
概要:
「エーミールと探偵たち」、「飛ぶ教室」で知られる、ドイツの作家エーリヒ・ケストナーの評伝劇。ケストナーの人生の内、ナチスの興隆(1923年)から終戦(1945年)までの22年間に注目し、言論の自由のない時代に生きることの葛藤に焦点を当てた作品。

「国家と芸術家」企画の狙い/成り立ち

 劇団印象-indian elephant-は、今、ナショナリズムに関心があります。 人間は、連帯することで、社会を変えてきた生き物です。「連帯」するためには、「虚構」が必要で、人間は、連帯をするための虚構なしに生きられません。その「虚構」の一つに、ナショナリズムやファシズム(全体主義)があります。その意味で、誰しもが、ファシストの資質を持っています。連帯が行き過ぎると、ファシズムになる。しかし、全くしないと、家族愛、隣人愛、地域愛、共同体愛を持たない空疎で空っぽな人間になってしまう。その人間と、ナショナリズムやファシズムとの関係を、演劇作品を通して追究したいのです。 

募集要項

この企画で、下記を一緒に考えていく仲間になってくれる方のご応募をお待ちしています。
・公演を、芸術的に興行的に、どうやって成功させるのか?
・まだ見ぬ観客とのつながりを、三部作を通じて、どうやって作っていけばいいのか?

必要なスキル/提出物
・Officeソフトの、Word(ワード)、Excel(エクセル)が使える。
・できれば、Illustrator、Photoshopが使えることが、望ましい。
ご興味のある方は、
・「志望動機」と「ご自身の人生を変えた演劇作品とその理由」
(500字~1200字程度にまとめて、お書きください。書式自由。)
・履歴書(書式自由、演劇歴と職歴の両方がわかるもの。)
・条件面の希望があれば書式自由で、お書きください。
を明記の上、infoアットinzou.com にお送りください。アットを@に変えてお送りください。

募集期間

2021年5月1日(土)~6月30日(水)

選考

提出された資料を基に、個別面接をする方を選出し、その後、決定します。
書類の選考は、ご応募いただいた日から、10日以内に行います。
応募する際に、質問などがある場合は、お気軽にお問い合わせください。
※ご応募の順に選考しますので、一緒にやっていく方が決まり次第、募集を終了いたします。
問い合わせ:劇団印象-indian elephant- infoアットinzou.com HP:http://www.inzou.com/ 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1