見出し画像

マンガを読まないわたしがおすすめするマンガ2作!

はじめに…

これは普段めったにマンガを読まない方向けです。マンガ通の方からしたら、今更わざわざ何言ってんねん!?ってレベルの話なので…読んでいただく時間がもったいない…笑

ではでは本題

小学校の頃は毎月りぼんを買ってたわたし。好きだったのはご近所物語、ママレードボーイ、こどものおもちゃ、ヘソで茶を沸かす、赤ずきんチャチャ、ちびまる子ちゃんとかとか。そして、花より男子を読み、パラキスを読んだり。NANAはハマって全巻揃えて、ぶりっ子幸子にムキーーーッてなって、途中で矢沢あいさん体調不良で途切れて、ねぇねぇ一体結末どうなるのよ!?でもって、なんだか最初の頃からどんどんディープな世界になりすぎじゃないっ!?ってハラハラして。

あとはスラムダンクとタッチとバカボンド(途中まで)とワンピース(途中まで)を借りて読んだかなぁ…といった、いたって平均的なマンガ歴だったわたし。

そんなこんなで大人になってからお金を出してマンガを買うってことがほぼ皆無だったんですよ。

それがね、それがね。ハマっちゃって、毎巻買っちゃってるのが二作あるんです。

普段マンガなんて読まない!お金を出してマンガ買うくらいなら、小説買うわよ、って方にぜひおすすめしたい!

自粛自粛でお疲れモードなときだからこそ、いいんじゃないっていう二作をご紹介っ^ ^

聖☆おにいさん

ブッタとイエスキリストが立川で共同生活するってお話。昔友達の家で1巻をチラ見したときは全然そそられなくて読まず嫌いでさけてたんだけど、しばらく経ってから何気なく読み始めたらはまってはまって。ゆるーーーーいの。たまらなく。とっても、平和。たまにディープなネタすぎて、どう面白いの!?ってこともあるけど、それを機に仏教やらキリスト教のことも調べてみようかなと思ったり思わなかったりする。

2ヶ月に一回くらいの連載だから、コミックは半年に一回出るか出ないか。待ち遠しいのがたまにキズ。


ミステリと言う勿れ

会社の経理のお姉さんと久しぶりにランチしたとき、子どもの話になって。「お子さん元気?大きくなった?」って聞かれて、「いやぁ、かわいいけどなかなか大変ですよーイヤイヤ期ってやつですかねぇ…ほんと…」なんて答えたら。

「わたし、滅多にマンガ読まないんだけど、たまたま友達に勧められて読んだのがあって。ミステリと言う勿れっていうマンガで。全く子育てとかのストーリーじゃないんだけど。

その中で、お父さんたちを集めてとっても簡単な計算かなんかのテストをしました。テストの最中、喋りかけたり、なにかといろいろ邪魔をして。とっても簡単なテストなのに、最後まで出来た人はいませんでした。で、テスト終了でーす!ってなったときに、参加者全員「こんなに邪魔されたらできるもんもできないだろー!」って怒ったんだって。「それがね、子育てってやつなんですよ。お母さんたちは普通にやればできるようなことも、邪魔されて邪魔されて、達成感を味わえないことばかり、そんな毎日なんです、的な話が出てきてさぁ。そっかぁ…なんて思っちゃったよ〜」

って、話をしてくれて。それ聞いたわたし、ポロリポロリ。「なんだか泣けてくるーーーー涙」

そして、即フーモアで一巻ダウンロード。続き気になるーー!電子だと友達に貸せない!絶対ママやってる子、救われるよ。よし!Amazonでポチろう!って、全巻大人買い(って言っても、その時点で全5巻だけど。普段マンガにお金使わないわたしには、大人買い)。

いやぁ、一気読み。

他にもちらほら子育てに関するエピソードも入ってて、ほんと励まされる。

し、それ以外も、そんなもののみかたもあるのね、なるほど〜ってなる。めっちゃ面白い。絵も好きな感じ。

マンガって、絵大事!絵が好きじゃないと、なかなか入り込めない。


そんなわけで二作とも超〜おすすめ!


ほっこりしたい人は聖おにいさんを。

いろいろものを考えたい人はミステリと言う勿れを。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!いい一日になりますようにっ⭐︎
3
神戸出身、2歳と0歳の二児の母です。東京出て十数年たった今も、お節介な関西人気質が全く抜けません。両手ますかけ線で、昔からなにかと運がいい超ド・ポジティブ人間です^ ^